レシピ投稿 フォト投稿

生クリームみたい☆シアバターとホホバオイルの保湿クリーム

生クリームみたい☆シアバターとホホバオイルの保湿クリーム

シアバターとホホバオイルに水分を加えて乳化させた、
水分と油分をバランスよく含む保湿クリームです。
お子さまにも安心して使えます☆

作り方

1

シアバター&ホホバオイルにパーム乳化ワックスを加えたものと、
精製水を、それぞれ湯煎します。

2

シアバターとパーム乳化ワックスが溶けて、
精製水も温まったら、
シアバター&ホホバオイル&パーム乳化ワックスのビーカーに、精製水を入れて、
(オイル分のビーカーに、水分を入れる、ということ)

カプチーノクリーマーで混ぜます。

数分混ぜ続けると、
粗熱が取れたころには、こんなにモッタリ。

3

もったりしたら、仕上げに手混ぜして、
なめらかになったら、出来上がりです。
(仕上げに手で混ぜることで、気泡が抜けてなめらかになります)

このレシピのコツ

(1)加える精製水の温度は高めにすること!

シアバターの融点は人間の体温くらいです。
なので、それよりも精製水の温度が低いと、
混ぜ合わせた時にシアバターが冷えてしまい、
シアバターのブツブツができる原因となります。
なので、精製水は50~60度くらいまで湯煎して、それから混ぜたほうがよいです。
(触ってみてアチチってくらいでよいと思う。レンジ600W15秒くらいで温めても可)

(2)とにかく、粗熱が取れるまで混ぜ続けること!

カプチーノクリーマーで混ぜるとき、
「白くなってきて乳液状になったからオッケーかな」
と、まだ熱めなのに混ぜるのをやめてしまうと、
冷めたあと確実に分離します。

とにかく、粗熱が取れるまで混ぜ続けること。
数分~10分弱です。
そこまでしっかり混ぜると、
分離せずしっかりしたクリームになります。

混ぜるのは、カプチーノクリーマーが必須!
100均でも売ってます。
手動だとなかなか混ざらず、
温度ばかりが下がっていって、きれいに乳化してくれません。
←過去、手動でやって失敗した経験あり

このレシピの生い立ち

乾燥肌&敏感肌の息子のために、
安心して使える保湿クリームを作りたくて考えました。

コメント

材料

シアバター(精製・未精製どちらでも可) ※お子さま用には精製がおすすめ
6g
ホホバオイル(精製・未精製どちらでも可) ※お子さま用には精製がおすすめ
4g
パーム乳化ワックス
5g
精製水
30g

道具

ガラスビーカー 2つ
生活の木 など
カプチーノクリーマー
100円ショップなど
ガラスマドラー
生活の木 など
湯煎できる鍋、フライパンなど

レベル

ふつう