レシピ投稿フォト投稿

【欲しかった】ミニバッグチャーム♪

【欲しかった】ミニバッグチャーム♪

アクセサリーとしてお洒落なバッグについているミニバッグのチャーム。
可愛いと思いませんか?!
今回は紙粘土を活用して、簡単にミニバッグのチャームを作ってみました♪

作り方

1
1 / 15

粘土1個を袋からそのまま出し、厚さ5㎜弱に伸ばします。
(丸めたりつなげたりすると、シワやヒビができます)

2
2 / 15

なくても成形できますが、パンストなどに入っている厚紙でバッグの型紙を作っておくと良いです。

3
3 / 15

バッグ本体、長方形を2個作ります。

4
4 / 15

底の部分をカッターでカットして丸みを付けます。
ガタガタの場合は指を使って整えましょう。
必要なら底部分に飾りを付けます。

5
5 / 15

つなぎの部分を作ります。
模様が必要なら、つまようじなどで付けます。

6
6 / 15

持ち手を作ります。
細めの棒を作い、粘土板に指でローリングし丸みを付けましょう。

7
7 / 15

取っ手を付けます。
指で先の部分を本体に押し付け、お好みでマルカンを付けます。

8
8 / 15

小さな正方形を作って、取っ手の先の上に乗せます。
お好みで柄を付けましょう。
同時に、マルカン付きのTピンを本体の取っ手近くに挿します。

9
9 / 15

これでパーツが完成しました。

10
10 / 15

パーツを木工用ボンドを使って付けていきます。

11
11 / 15

形になりました。
1日乾かしましょう。
粘土は湿った状態では重いですが、乾燥させると軽くなります。

12
12 / 15

筆を使ってUVレジン液を本体に塗り、太陽光かUVライトで硬化させます。
色が薄いと感じたら、UVレジン液に色付きパステルを交ぜると良いです。

13
13 / 15

2度塗りしました。
マルカン付きのTピン部分にUVレジン液をしっかりと付け、接着しておきます。

14
14 / 15

チャームの金具を付けたら完成です。

15
15 / 15

今回はデニム風ですが、大人っぽくベージュやサマンサっぽい感じのピンクも可愛いと思います!

このレシピのコツ

紙粘土は重く感じるかもしれませんが、乾くととても軽くなります。
加工しやすいですが、作業中に粘度が乾くとヒビが入り出来栄えが悪くなります。
準備をしっかりとして一気に成形しましょう。

このレシピの生い立ち

ブランドバッグのチャームが可愛いと思い、粘土で再現してみました。

コメント

らおりん
3月4日

バッグとか、香水ビンとかのモチーフが好きなので、コレは可愛い♡(〃ω〃)と思いました♡作ってつくレポ

らおりん
3月4日

ありまw 作って、つくレポ上げてみたいです♪

grayson
3月4日

らおりんさん
ありがとうございます!
私もこういったモチーフが好きです♪

材料

材料一覧
紙粘土
ダイソー
1個
108円
UVレジン液(色付き)
ダイソー
1本
108円
お好みの色のパステル(濃い色にしたいなら)
家にあるものもしくは100均
1本
0円
チャームの金具
家にあるものもしくは100均
1セット
0円
マルカン付きのTピン
家にあるものもしくは100均
1本
0円
マルカン
家にあるものもしくは100均
4個
0円
ビーズや飾り(必要なら)
家にあるものもしくは100均
適量
0円

道具

目盛り付きの粘土板
家にあるもの
定規(目盛り付きの粘土板がないとき)
家にあるものもしくは100均
家にあるものもしくは100均
カッターナイフ
家にあるものもしくは100均
はさみ
家にあるものもしくは100均
木工用ボンド
家にあるものもしくは100均
厚紙(あれば)
家にあるものもしくは100均
裁縫で使用する印付け(つまようじで可)
家にあるもので良い

レベル

ふつう