レシピ投稿フォト投稿

ドライレモン

ドライレモン

レモンを長持ちさせるためにドライレモンを作りました♪
そのまま食べたり、紅茶に入れてレモンティーにしたり。
生だとそのまま食べるなんて酸っぱくてできませんが、一度乾燥させることでとっても食べやすくなります♡
長持ちもするし、一度試して見ませんか ^ ^)♪

作り方

1
1 / 6

レモンを冷凍してからカットする場合☆
レモンを2等分し、それぞれラップに包み一晩冷凍します。

2
2 / 6

スライスしやすいように少し解凍してからスライスし、種を取り除き、オーブンシートを敷いた天板に並べます。天板1枚に収まらなくなったら、うまく円形に切れなかったもの同士を合わせて円にして置きます。

3
3 / 6

100度で15分焼きます。レモンを上下ひっくり返し、天板の奥と手前を入れ替え、再び、100度で15分焼きます。途中焦げそうでパリパリになったものがあれば取り出します。まだ、実がねっとり皮がしんなりしていたらもう5分くらい焼きます。

4
4 / 6

レモンを生のままカットする場合☆
レモンをスライスし、オーブンシートを敷いた天板に並べます。種が引っかかってスライスしづらいので、種を先に取り除きながらスライスします。

5
5 / 6

焼き方は3と同じです。

6
6 / 6

パリパリ、カチカチのドライレモンですが、いれたての紅茶に浮かべるとすぐに生レモンのように柔らかく戻ります。紅茶を飲みながらレモンも食べちゃってくださいね。酸味も苦味もほどほどで美味しいです♡

このレシピのコツ

*レモンはきれいに洗って水気をふき取ります。
*レモンを冷凍してからスライスすると種もきれいにスライスできますが、生のレモンをスライスする時は種が引っかかるので種を取り除きながらスライスします。
*乾燥させやすいように包丁で切るよりも薄く切れるスライサーを使いました。

このレシピの生い立ち

レモンを長持ちさせるために。

コメント

材料

レモン(国産)
適量

道具

オーブン
スライサー