レシピ投稿フォト投稿

ファッションのアクセントに【ふわもこブレスレット】

ファッションのアクセントに【ふわもこブレスレット】

冬はふわふわもこもこした物を着けたくなりますよね。
今回は家にあるものを活用して、ふわもこのアクセサリーを作ってみました♪
大人でも子どもでも、色を変えることで年齢関係なく着けることができます。

作り方

1
1 / 16

ポンポンメーカーを使ってポンポンを作ります。
毛糸を端から丁寧に巻いていきます。

2
2 / 16

今回は細い毛糸を用いたので180回巻きました。
毛糸を前に巻いた糸にひっかけるとほつれません。
不器用さんはセロファンテープで固定しても良いです。

3
3 / 16

細糸で上下それぞれ180回巻くとこんな感じになります。

4
4 / 16

ポンポンメーカーの溝に沿って毛糸を切っていきます。
このときポンポンメーカーが外れないよう、指でしっかりと押さえておきましょう。

5
5 / 16

新たに縛る用の長めの毛糸(たこ糸でも可)をとります。
毛糸を溝に入れて強く縛ります。
2回くらい縛っておくと良いです。

6
6 / 16

ポンポンの完成です。
縛った糸はまだ切りません。
はさみでチョキチョキカットして形成します。

7
7 / 16

ポンポンを開いて結び目の部分をボンドで固定しておくと、ポンポンがばらける心配がありません。

8
8 / 16

今回は素材違いの物を作ってみました。

9
9 / 16

ひもにマルカンを通して3回くらい縛ります。

10
10 / 16

ここからは革ひもにポンポンを通す作業です。
まずは革ひもを2つに折って輪になった部分を真ん中になるポンポンのマルカンに通します。

11
11 / 16

この時点で腕にあてて、ある程度の長さを見ておきます。

12
12 / 16

パールなどを通したいときはTピンにパールの穴を通し、ラジオペンチで先を丸めて部品を作っておきます。
(今回は使用していません)

13
13 / 16

マルカンとラジオペンチを使って金具を取り付けます。
ポンポンを固定したいときは画像のように革ひもを結んでおくと良いです。
また、革ひもからマルカンが外れるのを防ぐには、レジン液をマルカンのつなぎ目に塗布して、太陽光かUVライトで硬化させておくと良いです。

14
14 / 16

もう一方のほうも金具を付けます。
革ひもは長めに残しておくと調節しやすいです。

15
15 / 16

完成です♪
あえて大きめのボンボンです。

16
16 / 16

金具部分はこんな感じです。

このレシピのコツ

とても簡単ですが、ひとつずつ丁寧に作業しましょう。
金具やマルカンなどは100均でセット売りされています。持っておくと気まぐれにアクセサリーを作りたいと思ったときに役立ちます。
画像のポンポンメーカーは100均の物ではありませんが、100均でも販売されています。
またフォークでポンポンを作ることができます。

このレシピの生い立ち

ファッションのアクセントになるブレスレットが欲しくて作りました♪

コメント

材料

材料一覧
毛糸(アクリル)
家にあるものもしくは100均
1玉
0円
毛糸(綿)
家にあるものもしくは100均
1玉
0円
革ひも
家にあるものもしくは100均
1本
0円
ブレスレットに使用する金具
家にあるものもしくは100均
1セット
0円
マルカン
家にあるものもしくは100均
適量
0円
Tピン(パールなどをつける場合)
家にあるものもしくは100均
適量
0円
UVレジン液(あればなお良い)
家にあるものもしくは100均
適量
0円
たこ糸(なくても可)
家にあるものもしくは100均
適量
0円

道具

ポンポンメーカー(フォークでもできる)
家にあるものもしくは100均
はさみ
家にあるものもしくは100均
ボンド
家にあるものもしくは100均
ラジオペンチ(はさみで代用可)
家にあるものもしくは100均

レベル

かんたん