レシピ投稿フォト投稿

+*.。大人かわいい.。*+ perfumeチャーム

+*.。大人かわいい.。*+ perfumeチャーム

とても簡単ですが、大人かわいい作品!
プレゼントすると、とても喜ばれますよ♪

作り方

1
1 / 11

タレビンの蓋は取り省きます(今回使いません)。
タレビンを2つに分ける作業です。マジックで印をつけたほうが間違いありませんが、なくてもできます。
このタレビンは4㎝、下部3㎝・上部1㎝という配分にしました。

2
2 / 11

はさみかカッターナイフを使って工程1で線を引いた部分をカットします。
蓋部分になる方の穴をマスキングテープでふさぎます。

3
3 / 11

行程2でカットした2つの部品にUVレジン液を少しだけ流し、太陽光で硬化させます。

4
4 / 11

ビーズなどの飾り(必要なら)とレジン液を少し入れ、太陽光で硬化させる、という作業を何度か繰り返します。
気泡はつまようじを使って潰しましょう。

5
5 / 11

レジン液がしっかりと硬化しているのを確認してから、型にしていたタレビンをはさみを使って省いていきます。
尖った部分はやすりを使って滑らかにしましょう。

6
6 / 11

2つのパーツを付ける作業です。接着部分にレジン液を付けて太陽光で硬化させます。

7
7 / 11

必要な飾りや部品を付けていきます。今回は頑丈な革ひもを用いました。
そこにマルカンを通してチャームを付けたので本体に穴を開けていません。
とれないようにするためにボンドで固定すると良いです。

8
8 / 11

シールを貼ると香水っぽくなりました♪

9
9 / 11

完成です。
吊るすとこんな感じです♪

10
10 / 11

テイストを変えると高級感が出ます。

11
11 / 11

ダイソーさんで見つけたスリムなタレビンで作ったらまた違ったチャームができます。

このレシピのコツ

型に入れるので特別難しいことはありません。
UVレジン液を一気に入れてしまうと、大きな気泡ができてしまいます(それも味として良し)。
気になる方は、少しずつ入れるようにしましょう。
冬場は太陽光のUVが弱いので硬化に時間がかかります。硬化しやすいよう、少しずつ入れていった方が良いです。
家事などをしながら楽しんでください。
100均でも色付きのレジン液が販売されていますが、パステルとレジン液を混ぜることでオリジナルの色を作ることができますよ。

このレシピの生い立ち

ハンドメイド番組で作成されているのを見かけ、アレンジできないか作ってみました♪

コメント

材料

材料一覧
UVレジン液
ダイソー
3本程度
324円
タレビン(ソース入れ)
ダイソー(セット売り)
1本
108円
リボンや革ひも
家にあるものもしくは100均
1本
0円
チャームの部品
ダイソー(セット売り)
1個
0円
マルカンやTピン
ダイソー(セット売り)
適量
0円
パステル(色を付けたいなら)
家にあるものもしくは100均
適量
0円
やすり
家にあるものもしくは100均
ビースなどの飾り
家にあるもの

道具

はさみ(カッターナイフ)
家にあるもの
ラジオペンチ(はさみで代用可)
家にあるもの
油性ペン(なくても可)
家にあるもの
マスキングテープ(セロテープでも可)
家にあるものもしくは100均
つまようじ(空気を抜くため)
家にあるもの
アルミカップ(レジン液を混ぜる用)
家にあるもの
ボンド(必要なら)
家にあるものもしくは100均

レベル

かんたん