レシピ投稿フォト投稿

【まるで焼き物】アクセサリー置き

【まるで焼き物】アクセサリー置き

紙粘土で作ったフェイクの陶芸皿ですが、大人シンプルで色々な用途に使えます。
アクセサリー置きにするもよし、壁に飾るもよし、ハンドメイドを楽しみましょう!
作り方はとっても簡単。しかも好みの色柄を付けられるので、誰も持っていないオリジナルが作れます♪

作り方

1
1 / 11

紙粘土をめん棒で薄く伸ばします。5㎜程度厚みがあったほうが重厚感を楽しめます。

2
2 / 11

モデルにする皿で型を取るのですが、カッターで一気に一筆書きのようにカットするときれいに切れます。

3
3 / 11

カットした型にコースターを押し当て、めん棒で模様を付けます。
ポイントは綿棒でコロコロするのではなく「押し当てる」です。

4
4 / 11

こんな感じです。紙粘土が乾かないうちに手早く模様を付けていきます。

5
5 / 11

型にするお皿に紙粘土を乗せ、お皿に沿ってカーブを付けます。
このとき、端の部分のささくれ(ガサガサ)を指で押さえたりなぞったりし、滑らかにしておきます。
この状態で乾燥させます。

6
6 / 11

皿の底になる部分を作ります。

7
7 / 11

底の部分を円形にして乾かします。

8
8 / 11

UVレジン液で色を付ける作業をします。
まずは透明のUVレジン液を筆で塗って太陽光で硬化させます。
裏面もお好みでレジン液を塗ります。

9
9 / 11

次に色の付いたUVレジン液を乗せ、筆でお好みの配置に塗っていきます。
太陽光で硬化させます。

10
10 / 11

底の部分をボンドで付けて乾かします。

11
11 / 11

完成です♪

このレシピのコツ

紙粘土は乾燥するとヒビが入ってしまい、残念な出来栄えになってしまいます。
材料を全部そろえてから紙粘土の袋を開けて、一気に作業をしましょう。
UVレジンを使用するので、色付けは晴れた日に行ってください。
綿棒がない場合はサランラップの芯を、模様にするようなコースターがない場合はひもを活用しても素敵です。

このレシピの生い立ち

家にあるお皿は気に入っているけれど、あくまで食器なのでアクセサリー置きにするのはどうかと考えたとき、自分で作ることを思いつきました。

コメント

材料

材料一覧
紙粘土
100均
150g程度
108円
UVレジン液
100均
1本~2本
216円
レジン用塗料
100均
適量
108円
木工用ボンド
家にあるもの
適量
0円

道具

コースター
家にあるもの
めん棒(サランラップの芯)
家にあるもの
型にする皿
家にあるもの
家にあるもの
粘土板(なくてもよい)
家にあるもの
カッター
家にあるもの

レベル

かんたん