レシピ投稿フォト投稿

窓辺を飾る~ことりのカーテンタッセル~

窓辺を飾る~ことりのカーテンタッセル~

ことりの形をしたカーテンタッセルです。
ことりの胴体と羽をマジックテープでくっ付けると、カーテンを巻き付けることが出来ます。

作り方

1
1 / 20

【下絵づくり】
用紙にお好きなことりの絵を描きます。大きさは5.5×9cm位です。

2
2 / 20

【型紙づくり】
絵を描いた用紙の上にトレーシングペーパーを置き、画像のように「ことりの胴体」「羽」「口ばし」を書き写します。「口ばし」は画像のように5㎜ののり代をつけます。

3
3 / 20

写した線をはさみでカットし、これで型紙が出来上がりました。

4
4 / 20

【パーツづくり】
まずはことりの胴体の型紙を布の上に置き、チャコペンで印を付けます。

5
5 / 20

線に沿ってカットします。
この時、片面のみカットします。

6
6 / 20

画像のように、ことりがすっぽりと隠れるぐらいの大きさの布を1枚用意します。この布は裏側になります。

7
7 / 20

胴体と同じ要領で羽もカットします。口ばしは一枚、そして目はフリーハンドでカットします。

8
8 / 20

【飾りつけ】
画像のように、ことりの胴体に羽・目・口ばしをそれぞれ配置してバランスを確認します。

9
9 / 20

接着剤で目と口ばしを貼り付けます。

10
10 / 20

【組み合わせ】
42cmぐらいのひもを用意し、画像のように接着剤でことりの胴体に貼り付けます。接着剤はひも端から1cmあたりまで付けます。

11
11 / 20

ことりの胴体を裏返し、画像のように布端に接着剤を付けます。

12
12 / 20

その上に、裏側の布をのせて乾かします。

13
13 / 20

再びひっくり返して、ことりの形に沿ってカットします。このように貼り合わせた後にカットするとズレを防ぐことが出来ます。

14
14 / 20

ことりの胴体が出来上がりました。

15
15 / 20

次に羽を付ける前に、ひもの長さを確認し調整します。

16
16 / 20

羽もとりの胴体と全く同じ要領で、まずはひもを貼り付けます。

17
17 / 20

裏に返して全体に接着剤を塗り、上からもう一枚の布を貼り付けます。接着剤が乾いたら周りをカットします。

18
18 / 20

これでひもが取り付けられました。

19
19 / 20

羽にすっぽりと隠れるぐらいのマジックテープを用意し、とりの胴体と羽にそれぞれ接着剤で貼り付けます。

20
20 / 20

【完成】
これで完成です!

このレシピのコツ

布同士を貼り合わせる時は片面だけ形を切り抜き、もう片面は貼り合わせた後にカットすると、ズレを防ぐことが出来ます。

このレシピの生い立ち

カーテンを取り替えたら、アクセントになる可愛いカーテンタッセルが欲しくなり、作ってみました。

コメント

材料

材料一覧
生地(付属のカーテンタッセル)
自宅にあるもの
1枚
革(バックスキン)
自宅にあるもの
約4×5cm
ひも
自宅にあるもの
約42cm
マジックテープ
自宅にあるもの
約1.5×3cm
用紙
自宅にあるもの
1枚
接着剤
自宅にあるもの
適量
トレーシングペーパー
自宅にあるもの
1枚

道具

鉛筆
自宅にあるもの
はさみ
自宅にあるもの
チャコペン
自宅にあるもの
ものさし
自宅にあるもの

レベル

かんたん