親子で胸キュン♪ふわかわリボンアクセ - Creon(クレオン)|DIY・暮らしのレシピが満載!
レシピ投稿フォト投稿

親子で胸キュン♪ふわかわリボンアクセ

親子で胸キュン♪ふわかわリボンアクセ

外に出てふわふわ感を自慢したくなるようなリボンアクセサリーです。
髪に付けても腕に付けてもとても可愛いですし、年齢問わずプレゼントに最適ですよ♪

作り方

1
1 / 18

リボン本体(10㎝×14㎝)と帯(4㎝×8㎝)になる布をカットしておきます。
※縫い代も含んだサイズです。

2
2 / 18

リボン本体と帯に縫い代(5㎜)を付けておきましょう。

3
3 / 18

リボン本体(10㎝×14㎝)の横長の方を半分に折り、折った山を下にしてテーブルに置きます。縫うのは右側の端と上(長辺)です。まち針で布を合わせて固定します。

4
4 / 18

左側だけ残し、右側と上(長辺)の縫い代の上をなみ縫い(真っすぐ縫う)しましょう。

5
5 / 18

工程4で縫った部分の縫い代を割ります。左側の縫っていない部分も、縫い代部分を裏布の方に折り曲げておきます。

6
6 / 18

帯(4㎝×8㎝)部分も裏返し、長辺部分を半分に割ります。
上(長辺)の部分を待ち針で固定して縫い代の上をなみ縫いし、リボン本体と同じように縫い代を割ります。

7
7 / 18

工程6で縫ったものを裏から表に返します。
ループ返し(棒)を少しずつ突っ込んでいくと裏返ります。

8
8 / 18

図のように帯の反対側が空いた状態です。
縫い代を内側に折ってまつり縫いをしましょう。(なみ縫いでも可)
端の部分がきちんと裏返っていなくても仕上げで隠せるので気にしなくていいです。

9
9 / 18

リボン本体を表に返して、綿を全体の8割程度詰めます。

10
10 / 18

綿を詰め終わったら本体もまつり縫いをしましょう。

11
11 / 18

本体と帯をくっつける作業をします。
まずはリボン本体の綿が均等に行きわたるよう調節しましょう。

12
12 / 18

糸を通した針をリボン本体の真ん中に挿します。

13
13 / 18

次に本体の真ん中を糸で2回ほどぐるりと巻き付けます。

14
14 / 18

糸をギュッと絞ります。

15
15 / 18

次は上から真ん中をめがけて縫い針を貫通させ、玉止めをします。

16
16 / 18

帯をリボン本体に巻き付け、工程8で端の処理がうまくいっていない部分を内側に入れて、帯部分だけをまつり縫いしてとめます。

17
17 / 18

ゴムをリボン本体と帯の間に通します。

18
18 / 18

完成です。

このレシピのコツ

なみ縫いは面倒ですが、細かくすると出来上がりがきれいです。
今回はあえて目立つ縫い糸を使用しましたが、布と同系色を使用すると馴染むので、縫うのに自信がない方でもクォリティーの高い作品ができますよ♪

このレシピの生い立ち

綿のふんわり感をリボンで表現できないかと思い考案しました。

コメント

材料

材料一覧
家にあるもの
適量(10㎝×20㎝あればよい)
0円
髪用のゴム
100均
適量
108円
綿
家にあるもの
適量
0円
縫い糸
家にあるもの
適量
0円

道具

はさみ
家になるもの
チャコペンシル
家にあるもの
定規
家にあるもの
縫い針
家にあるもの
ループ返し(なければ細い棒で可)
家にあるもの
まち針
家にあるもの

レベル

ふつう