レシピ投稿フォト投稿

可愛くリメイク?!マーブルクレヨン

可愛くリメイク?!マーブルクレヨン

子どもが幼いころにたくさんクレヨンを買っているご家庭は多いと思います。
クレヨンを卒業した後、どうされていますか?!折れたり汚れたりしたまま文具箱の奥に眠っていませんか?
今回はそういったクレヨンたちを再生する方法をご提案します。
とても可愛いのでプレゼントしても喜ばれますよ♪

作り方

1
1 / 7

準備したクレヨンをカッターナイフでカットします。

2
2 / 7

鮮やかな仕上がりにするには大きめのカットがおススメです。

3
3 / 7

カットしたクレヨンを型に入れていきます。
はみ出ない程度に入れてください。
大盛にするとクレヨンが他の型に移動し色が混ざってしまいます。

4
4 / 7

クレヨンを溶かします。
この作業は親御さんが行ってください。
フライパンに型を入れます。
沸騰させたお湯をフライパンの中にゆっくりと入れます。
水かさは浅めです。
徐々に溶けていくのでフライパンを揺らしたり火にかけたりする必要はありません。

5
5 / 7

溶けた型はフライパンからすぐにでも取り出したいですが、クレヨンが液体の状態で取り出すのは火傷の危険性があったり色が混ざって残念な仕上がりになったりします。
ここは我慢し湯が冷めてクレヨンが完全に固まるまで待ちましょう。

6
6 / 7

フライパンから取り出す際は型の水分をしっかりと拭き取ります。
型を裏向けにしてゆっくりとクレヨンを出しましょう。

7
7 / 7

完成です。
試し描きをしてみましょう♪

このレシピのコツ

クレヨンは細かくカットすると湯せんにした際に溶けやすいですが色が混ざって曖昧なデザインになってしまうのである程度の大きさを残したほうがよいです。
湯せんにしている際は無理にさわったり揺らしたりしないほうが自然なマーブルになります。
型から出す際に割れてしまった場合は再度湯せんにすると元通りになります。

このレシピの生い立ち

家に黒ずんで小さくなったクレヨンがたくさんありました。年齢が上がったせいか見た目が悪いせいか使用しなくなったので遊び心で形を変えてみました。すると10歳の娘が再びクレヨンで絵を描き始めました。近所の幼稚園児におすそ分けをしたら喜んでくれたので、プレゼントにもおすすめです♪

コメント

材料

材料一覧
クレヨン
家にあるもの
適量

道具

シリコーン型
家にあるもの
新聞紙(クレヨンカット用)
家にあるもの
カッターナイフ(綿棒や肉叩きでも可)
家にあるもの
フライパン(レンジ加熱でも可)
家にあるもの

レベル

かんたん