レシピ投稿

トレーシングペーパーで作る シースルーフォトカーテン

トレーシングペーパーで作る シースルーフォトカーテン

このカーテン一つで、いきなり海外の女の子のお部屋のような雰囲気に!窓から差し込む光がトレーシングペーパーを通してお部屋をカラフルに彩ります。

作り方

1

今回はセリアのトレーシングペーパーを使用しました。印刷の可不可は記載してありませんでしたが、今回特に問題なく印刷出来ました。

2

お好きなデータをインクジェットプリンタで印刷します。設定は特に変更していません。自分で撮った写真はもちろんのこと、例えば雑誌の可愛いページをスキャンして使ったり、お気に入りのポストカードをコピーしたりしてもお洒落です。ここで気をつけたいことが一つ。プリンタからでてきてすぐのトレーシングペーパーは、普通紙よりも乾くのが遅いので完全に乾くまで触らないようにして下さい。

3

穴あけパンチを使って印刷したトレーシングペーパーの下部二箇所に穴をあけます。

4

トレーシングペーパーの上部二箇所にカーテンクリップを挟みます。別のトレーシングペーパーの下部の穴にカーテンクリップのフック部分を通し、それを窓の高さ分繋げます。

5

一番上にくるトレーシングペーパーは、カーテンクリップのフック部分をカーテンレールに通します。これを4〜6本吊るすと写真同士が重なっていろいろな色の透過が楽しめます。

このレシピのコツ

厚手のトレーシングペーパーを使うと、それなりに写像効果もあります。外の視線が気になる窓へは、厚手の物を使っても良いでしょう。

このレシピの生い立ち

海外のお部屋に憧れて、夕日が綺麗に差し込むカーテンを探していました。写真が趣味だったこともあり、写真のディスプレイもできるこのカーテンを思いつきました。

コメント

材料

材料一覧
トレーシングペーパー(できればインクジェット用)
100均
30枚程度
108円
インクジェットプリンタ用インク
家電量販店
フルカラー1セット
カーテンクリップ
100均
60個程度
108円

道具

穴あけパンチ

レベル

かんたん