手のひらサイズ♪ がま口ポーチ - Creon(クレオン)|DIY・暮らしのレシピが満載!
レシピ投稿フォト投稿

手のひらサイズ♪ がま口ポーチ

手のひらサイズ♪ がま口ポーチ

がま口ポーチはぺたんこ形でもぷっくり形でも可愛いですね。
どんな形にするか迷いましたが、手のひらにおさまりのいい少しぷっくり形にしました♪

作り方

1
1 / 21

製図

まず、型紙作りから始めます。

2
2 / 21

がま口の口金を写し取ります。

3
3 / 21

縦の中心線を引きます。
上から8cmの所に横線を引きます。
(方眼紙の場合は最初に縦の中心線を引いてから左右対称になるように口金を写し取ります)

4
4 / 21

口金の(リベット)端から3cmの所を支点にコンパスで半径3cmの弧を描きます。

5
5 / 21

元の線より1cm外側に斜めの線を引きます。

6
6 / 21

元の線の延長線上とつなげます。

7
7 / 21

底に半径2cmの丸みをつけます。
2cmの平行線の接点を中心にコンパスで弧を描きます。

8
8 / 21

1cmのマチになるようにマチの縫い線を引きます。

9
9 / 21

以上で、片面に製図ができました。半分に折って切り取ります。

10
10 / 21

切り取った型紙を使ってがま口ポーチを作っていきます♪

11
11 / 21

製作

布の上に型紙を置き、写します。
リベット(開閉する時につながってる部分)下には縫い代(5mm)を付けます。リベットの1.5cm上まで付けます。
マチと中心の印とリベット止まりの印も付けます。

12
12 / 21

表布2枚と内布2枚を同じように作ります。
キルト芯は縫い代なしで型紙通りに切ります。

13
13 / 21

キルト芯のマチ部分を切り取ります。(大体の場所で大丈夫です)

14
14 / 21

表布と内布に待ち針を打ち、リベット下とマチを縫います。手縫いでもミシン縫いでもどちらでもいいです。

15
15 / 21

リベット上の縫い代を倒し、折り目を付けます。

16
16 / 21

3枚を重ねます。

17
17 / 21

口金に隠れる部分はかがり、リベット周りは接ぎ合せます。(手縫い)

18
18 / 21

口金と本体に中心の印を付け、一度はめ込んでみます。(リベット周りの確認と、ボンドでくっつける前の練習のため)

19
19 / 21

紙ひもを口金の長さに切り、一度ほぐし、またよっておきます。

20
20 / 21

口金の片方にボンドを塗り、本体をはめ込み、内側に紙ひもを押し込みます。
反対側も同じようにはめ込みます。
開けたまま乾かします。

21
21 / 21

口金の端、4ヶ所をペンチで締めます。
(口金にペンチの跡がつかないように布をはさみます)

このレシピのコツ

※口金にボンドを塗る時に竹串を使うと塗りやすいです。
※口金に布をはめ込む時は目打ちやマイナスドライバーを使って押し込みます。
※キルト芯をはさみましたが、接着芯でもいいですし、何もはさまなくてもいいです。それぞれ違った雰囲気のものができますよ。

このレシピの生い立ち

特に作りたい形がなかったので取り敢えず小ぶりな形を製図して試し縫いしてみたら…♡
それがこの形です♪

コメント

材料

8cm丸型がま口(紙ひも付き)
手芸店、100円ショップ等
表布
手芸店、100円ショップ等
内布
手芸店、100円ショップ等
キルト芯
手芸店、100円ショップ等
手芸用ボンド(木工ボンド)
手芸店、100円ショップ等

道具

目打ち、マイナスドライバー等
手芸店、100円ショップ等
ペンチ(小さめのもの)
ホームセンター等