レシピ投稿フォト投稿

その服、処分する前に!くるみボタンピアスにアップサイクル!

その服、処分する前に!くるみボタンピアスにアップサイクル!

衣替えの際に出てきた、お子さんのサイズが合わなくなった服や好みの変わった自分の服など

そのまま捨てるなんて、もったいない!!

使える布地だけを切り出して、おしゃれアイテムに変身させてみませんか?

今回は、くるみボタンピアスにする方法を紹介します

作り方

1
1 / 10

処分する服を、使える部分だけ取り出します
(襟・袖部分などは不要となります)

2
2 / 10

まずは、くるみボタンを作ります
くるみボタン1組(aとbで1組)と布(処分する服)を用意します
布は、くるみサイズに適したサイズに切り出します
写真のくるみボタンは、ダイソーの商品です
ダイソーのくるみボタンには、打ち具がセットになっているものがあります
初めて作られる方は、ぜひ打ち具もセットになったものをお選びください

3
3 / 10

打ち具台に布とくるみボタン(a)をセットします
セットした布を内側に織り込み、くるみボタン(b)を重ねます

4
4 / 10

打ち具を使って押し込みます(少し力が必要です。両手で押し込んでみてください)
ぱちっと、はまった感触がしたらOKです

5
5 / 10

台から外したら、くるみボタンの完成です!
もちろん、ボタンとしても使えます
また、裏のループにヘアゴムを通せば、ヘアゴムに変身です!

6
6 / 10

くるみボタンをピアスに仕立てていきます
先ほど完成したくるみボタンを、ピアスに仕立てていきます
ここから必要になってくるものは、くるみボタン2個、ピアスパーツ2組、フェルト2枚(ボタンと同じ大きさに切る)、接着剤、ペンチです

7
7 / 10

ピアスにする際、ボタンループは必要ないので、ペンチで切り取ります

8
8 / 10

フェルトに太い針で穴を開け、ピアス(ピン)を差し込みます

※下穴を開けずにピアスを差し込むと、ピンが曲がる可能性があります
くるみボタンの裏に接着剤を付け、フェルトを貼り付けます
接着剤が乾くまで、触らないように!
イヤリングに仕立てる方は、ボタンの裏にフェルトを貼り(貼らなくてもOK)、イヤリングの台座部分を接着剤で貼り付けます

9
9 / 10

接着剤が乾けば完成です!
捨てる服から作ったなんて、言わなきゃわかんないでしょ!?

10
10 / 10

キャッチ部分にタッセルを付けたら、さらにおしゃれ度UPです!!
写真は、布に合わせてレース糸で作ったタッセルを付けたものと、布を細長く切って作ったタッセルを付けたものです
他のアレンジの方法は、また別の機会に紹介しますね!

このレシピのコツ

くるみボタンは、手芸店や他の100円ショップ(セリアなど)でも購入可能です
初めて作られる方は、打ち具もセットになったもののほうが作りやすいかと思います

このレシピの生い立ち

ちなみに、タイトルにある言葉【アップサイクル】ってご存知ですか?

アップサイクルとは・・・

廃棄物や使わなくなったものを形質は変えずに素材として利用したり、元の特徴を生かしてより良いものに作り変えることで、付加価値を見いだすことだそうです

まさに、処分する服・不要な服から新たなアイテムに変身させる→これこそがアップサイクルなのです!

コメント

材料

布(不要な服より)
適宜
くるみボタン
手芸店・100円ショップ
2組
100円
ピアスパーツ(もしくはイヤリングパーツ)
手芸店など
2組
フェルト
手芸店・100円ショップ
適宜
100円

道具

接着剤
ペンチ

レベル

ふつう