これを覚えたら応用が効く!ベーシックなトートバッグ - Creon(クレオン)|DIY・暮らしのレシピが満載!
レシピ投稿フォト投稿

これを覚えたら応用が効く!ベーシックなトートバッグ

これを覚えたら応用が効く!ベーシックなトートバッグ

最もベーシックなトートバッグです。この作り方をマスターすると他のバッグにも応用が効くのでぜひアレンジしてみて下さい。お好きな柄で作ったり、飾りをつけたり、楽しみが広がります!

作り方

1
1 / 16

布と接着芯をカットする。
接着芯を表布にアイロンでつけておく。

2
2 / 16

持ち手を作ります。
中表に半分に折り、端を5㎜で縫っていく。

3
3 / 16

表に返して、アイロンで整える。

4
4 / 16

両端に表からステッチをかける。

5
5 / 16

2本同じものを作ります。

6
6 / 16

表布、裏布共に中表に半分に折り、両端を縫う。裏布は画像のように返し口を残す。(表布は全部縫って大丈夫です)

7
7 / 16

縫い合わせた部分を中心に、角を三角に折る。9㎝のマチを作るため、印をつける。

8
8 / 16

印をつけた部分を縫う。

9
9 / 16

縫い代1㎝を残してカットする。工程7,8,9を表布2ヶ所、裏布2ヶ所とも行う。

10
10 / 16

表布に工程6で縫った部分からそれぞれ5㎝の部分に印をつける。

11
11 / 16

印を見ながら内側に持ち手を合わせ、しつけ縫いをする。(4ヶ所)

12
12 / 16

表布の中に裏布を中表にして入れ、マチ針で一周留める。

13
13 / 16

一周を1㎝の縫い代で縫い合わせる。

14
14 / 16

返し口から表に返す。

15
15 / 16

返し口をまつり縫いで閉じる。

16
16 / 16

裏布を中に入れ、形を整えて完成!

このレシピのコツ

表布と裏布のサイズがぴったり合っていないと、最後縫い合わせるときに布が余るので注意!

このレシピの生い立ち

財布と携帯だけ入れてちょこっと外出するときに使えるバッグが欲しくて作りました。

コメント

材料

材料一覧
表布(本体)
手芸店
31.5㎝×53.5㎝
表布(持ち手)
手芸店
7㎝×52㎝
裏布
手芸店
31.5㎝×53.5㎝
接着芯
手芸店
31.5㎝×53.5

道具

ミシン
ハサミ
アイロン

レベル

ふつう