レシピ投稿フォト投稿

要らないCD捨てないで!オーロラ感が綺麗なアクセパーツにリメイク!!

要らないCD捨てないで!オーロラ感が綺麗なアクセパーツにリメイク!!

焼き間違えたCD、傷が入り読み込めなくなったCDなど、使い道がなくなったCDのディスクを使って透明感が夏らしいアクセサリーパーツができちゃいます!

作り方

1
1 / 6

まず、少し勇気が要りますが、CDを切り刻んでいきます。ニッパーもしくははさみでも切れます。適当な大きさにざくざく切っていきましょう。

2
2 / 6

切ったCDのデータ記録面(キラキラのホイルの用なフィルム部分)は、はさみを入れた時に勝手に割れていると思います。

3
3 / 6

全て剥がしてしまいましょう。綺麗に剥がれなければ、セロテープを張って剥がせば一緒に剥がれます。

4
4 / 6

切ったCDパーツ一つ一つの切り口に、色を塗っていきます。マニキュアやアクリル絵の具等が塗りやすく、透明感もでて綺麗です。オススメはグリッタータイプやフレークタイプのマニキュア。塗り方が綺麗に上手く行かなくても、目立ちません。

5
5 / 6

塗ったら、完全に乾くまで並べて乾燥させます。乾いたら、お好きなアクセサリーに加工しましょう。通常のアクセサリーパーツのように、穴をあけて丸カンをつけてネックレスやブレスレットにしたり、どちらかの面に接着剤を塗ってピアスやリング土台と貼り合わせたりして下さい。

6
6 / 6

CDのディスクは、キラキラの記録面を剥がしてもそのオーロラ模様がプラスチック面にうつってそのまま残っています。クリアなパーツに光が当たると、反射してオーロラ風の輝きを見せます。夏らしくて可愛いリサイクルアクセです。

このレシピのコツ

CDをカットした後、断面が鋭利な場合は着色の前に軽くヤスリ等で尖っている部分を滑らかにしてあげて下さい。

このレシピの生い立ち

海外のブロガーさんが割れたCDを使ってモザイクを作っているのを見てやってみたところ、記録面が剥がれて上手く行きませんでした。ですがその透明感を生かして夏らしいアクセパーツが出来上がりました。

コメント

材料

材料一覧
いらないCD-ROM
1枚
マニキュアやアクリル絵の具等、好きな色の塗料
100均や画材店
好きなだけ
作りたいアクセのパーツ
手芸店やパーツショップ
一個分

道具

はさみ又はニッパー