レシピ投稿フォト投稿

古着ジーンズでツール収納

古着ジーンズでツール収納

ミシン周りの小道具を見せる収納に変えました。

作り方

1
1 / 9

収納したい物をピックアップします。

2
2 / 9

後ろポケットを切り取ります。
ポケットよりも上、左は1.5cmほど大きく、下は8.0cmの縫い代を付けました。
右側は後中心の縫い代ギリギリ でカットしました。
リサイクルですので選んだ素材に応じて応用してください。

3
3 / 9

イメージで配置してみます。

4
4 / 9

前の袋布を切らないように、使う部分を切り取ります。
step2で切り取った後ポケットと重なる縫い代1.5cmです。
左側は後ろポケットギリギリでカットしました。

5
5 / 9

切り取った物を縫い合わせて、ステッチをかけます。
ミシン糸は20番手で運針を最大にします。
上側は使用時に物を出し入れするので、中表に合わせ本縫いし、下側へ縫い代を倒します。
左側は切りっぱなしで重ね、ステッチを三重にかけました。武骨感を出したかったので下糸にタコ糸を利用しました。

6
6 / 9

小さいポケットを縫い付けて、周りを始末します。
ポケットはツールを入れるゆとりが必要なので、本体は2.0cm、スエードテープは3.5cmで記しステッチをかけます。
本体の端は右側は縫い代に余裕があるので1.2cmの三つ折りにし、左側はジーンズから4.0cmのテープを切り出し、パイピングしました。

7
7 / 9

ポケットの底に半端に余っていた鳩目、リベットを打ち込みました。裾の織り目を解いて(デニム生地の横糸を一本ずつ抜いて)、フリンジ状にしました。

8
8 / 9

インテリアウォールバーに洋灯吊をねじ込みます。
本体の合わせる位置に鳩目を打ち込みます
本体の上端に鳩目を打ち込み吊り下げれる様にします。

9
9 / 9

完成です。

このレシピのコツ

いつも使う収納したい物をピックアップして、場所を決めましょう。必要な物だけ、厳選するのがポイントです。

このレシピの生い立ち

ミシン机の引き出しに収納していましたが、使う時の開け閉めが気になっていました。
座ったまま、手の届く位置に並べる事で改善されます。

コメント

材料

材料一覧
古着ジーンズ
着古した物、リサイクルセンターなどでも購入可能
1着
スエードテープ(5cm幅)
古着や使わない鞄などをカットしても可能
適量
縫い糸
家にある物
適量
鳩目、リベット
seriaやDAISOで購入し余っているもの
適量
インテリア ウォールバー
seria
1個
洋灯吊
seriaやDAISOで購入し余っているもの
2個

道具

裁ちバサミ
ミシン
打ち込み工具

レベル

むずかしい