超極太毛糸Bickyで編むブランケット(腕編みのアレンジ) - Creon(クレオン)|DIY・暮らしのレシピが満載!
レシピ投稿フォト投稿

超極太毛糸Bickyで編むブランケット(腕編みのアレンジ)

超極太毛糸Bickyで編むブランケット(腕編みのアレンジ)

超極太毛糸Bickyで編んだ暖かいブランケットで癒されてください♪

作り方

1

作り目
作りたい長さの3.5倍程度の長さの部分に結び目を作り編みはじめます
※腕編み時19~21目ぐらいで150cm幅になります
(作り目だけは、腕に掛けて作ってください。
そして、両腕がふさがっている為写真が撮れていません)

2

作り目が編めたら、腕から作り目を外して床などに置きます。
目が大きいので、解けたりはしないと思います。
※以降、常に表面のみを見て編んでいきます

3
3 / 10

編み目に手を通して・・・

4
4 / 10

糸を引き出します
3-4の繰り返しです。

5
5 / 10

1段終わったら、
編地はひっくり返さずに
同じように編み目の手前から手を差しこみ糸をつかんで手前に出していきます。
(進行方向は逆になります)

6
6 / 10

1玉使い切ったら、新しい糸とつなげます。
糸端同士を重ね、薄めた石鹸水(食器洗い洗剤などでOK)で手を濡らして拠り合わせる方法でつなげてください。
糸端を重ねた部分に水をつけてコロコロと擦ってください。

7
7 / 10

希望のサイズになったら伏せ止め編みをします

(編んでいた幅の長さの5倍程の長さが残っていることを確認してください。)
少しゆるめに2目編み、1目めを2目めにかぶせます。

8
8 / 10

3目めも編んだら、2目めを3目めにかぶせます。

9
9 / 10

糸端は、編地にくぐらせて完成です。
2玉使用して、145cm×75cmになりました。

10
10 / 10

裏はこんな感じです

このレシピのコツ

床などに置いて編むので、ある程度のスペースの確保&床掃除をしておきましょう。
カーペットだと毛が絡んでしまったりするので、できればフローリングがお勧めです。
編地の上側に自分が座って編むと、編み進んだ際編地を踏まずすみます。

このレシピの生い立ち

腕に掛けずに置いて編む方法をご紹介します。
1時間ぐらいで編めるとしても、その間、手の自由が奪われるのを避けたい場合はこの方法が便利だと思います。
もっと詳しい工程はブログをご覧ください♪
http://keito-zuki.blogspot.jp/2017/01/bickyblanket-2.html

コメント

りさんぬ
1月15日

自分で作れる方法があるんですね!すごい!

e_rina_iko
1月16日

これなら私でもつくれそうです(^o^)

あったかそうですね♪

Licca
1月21日

気持ち良さそう〜〜♪♪

材料

材料一覧
超極太メリノウール毛糸-Bickyグレー
Guild by POD
2玉(2kg)

道具

レベル

かんたん