クラッキング塗装風の空き瓶リメイクペン立て

クラッキング塗装風の空き瓶リメイクペン立て

卵の殻でアンティークな雰囲気をひび割れで表現するクラッキング風に仕上げてみました。

作り方

1

卵の殻にマニキュアを好みの色になる様に重ね塗りします。最終的に割りますので、多少のムラは気にしなくても大丈夫です。
乾燥だけはしっかりとさせましょう。

2

塗装した卵の殻を大きく割ります。だいたい1.5cm位にしました。
空き瓶に2cm四方くらい、接着剤を塗ります。

3

接着剤の上に割った卵の殻を乗せます。

4

目打ちやピンセットで、卵の殻を割って隙間を空けていきます。
接着剤が乾かないうちに手早く作業します。

5

繰り返して、卵の殻を貼っていきます。

6

アクセントにブルーを入れました。
好みの大きさに割って物を貼ります。

7

残りの部分を、同様に仕上げます。

8

最後にチェーンを巻いて出来上がりです。

このレシピのコツ

ガラスに使用出来る接着剤を選んで、接着剤が乾かないうちに素早く仕上げる事がポイントです。

このレシピの生い立ち

空き瓶も可愛い物がいっぱいで、なかなか断捨離出来ずにいました。
マニキュアも、少しだけ使って放置している物が次々と増えてしまいます。
多肉植物のおすそ分けなど、プレゼントしても喜ばれる物に変身させてみました。

コメント

材料

材料一覧
空き瓶
お家にあるもの
1個
0円
卵の殻
廃材
2個分
0円
マニキュア
有る物
適量
0円
チェーン
お家にあるもの
適量
0円
万能ボンド
seria
適量
108円

道具

ピンセット
目打ち