レシピ投稿

自分で作れる♡本格アクセサリー台紙

自分で作れる♡本格アクセサリー台紙

必要なものはひとつだけ!
電気屋さんや文具屋さんで簡単に手に入る《名刺カード》が、アクセサリー作りにとっても便利なんです。
パキパキ切り離して折るだけの、簡単、時短、アレンジ自在、さらにはディスプレイまでレベルアップ出来ちゃう、万能アクセサリー台紙の作り方をご紹介します。

作り方

1

このような用紙を使います。色んな素材・色があるので、テイストに合わせて使い分けても良いですね。

2

A4サイズの厚手の紙に、名刺サイズに10分割されミシン目が入っています。印刷をするなら、パッケージの記載に従って印刷しておいてください。専用のテンプレートがあるので簡単にかわいい台紙がデザイン出来ます。

3

ミシン目に沿って切り離していきます。全てのミシン目で、表・裏とも数回ずつ折り曲げると、パキッと綺麗に切り離すことが出来ます。今回は透明名刺用のクリア用紙を使います。切り離した後が目立たず綺麗です。このタイプは特に高級感が出るのでおすすめです。

4

名刺カードの長辺を二つ折りにします。しっかりと爪で折り目をつけてあげることで、折り目が開いて平らに戻ることはなくなります。

5

さらにその折り目から1cm程度のところにもう一本山折り線を作ります。

6

立てると、斜めに自立するのでアクセサリーが綺麗に見えます。お好きな箇所に、アクセサリーの種類によって穴をあけたり切れ目を入れたりしてください。イヤリングなら両端から切れ目を入れると綺麗に固定出来ます。

7

お好きな箇所に、アクセサリーの種類によって穴をあけたり切れ目を入れたりしてください。イヤリングなら両端から切れ目を入れると綺麗に固定出来ます。

このレシピのコツ

透明用紙に油性インクでスタンプを押すと、パソコンやプリンタを使わなくてもお店のようなオリジナルの台紙が作れます。
透明用紙はプラスチックなので、折れたり汚れたりすることも少ないです。

このレシピの生い立ち

ハンドメイドアクセサリーのラッピングやパッケージ、もっと安く、手軽にオリジナル台紙を作れたら良いのに、と思って考えた方法です。
折り曲げたら立体的に飾れるのでディスプレイも楽になり、何より台紙代が節約になってとってもオススメです。

コメント

材料

A-oneやELECOMなどから出ているA4印刷用紙、名刺用のミシン目入りのもの
家電量販店OA用品売り場・ディスカウントストア等(種類や色によりますが 用紙5枚入りで¥300~程度から)
用紙一枚で台紙10個作れます。
【アレンジ】印刷、スタンプ
家電量販店や文具店
印刷用のインクや、お好きなスタンプをそれぞれ必要なだけ