レシピ投稿フォト投稿

100均グッズでできる温室!

100均グッズでできる温室!

暖房のない窓際の植物が少しでも暖かく過ごせるように、前後を透明にして、出し入れし易いように蝶番で開けるように作りました。

作り方

1
1 / 18

板材のシールを綺麗に剥がします。ささくれが目立つようであれば、サンドペーパーで磨いてください。

2
2 / 18

PEN CURE(合成樹脂塗料)で、板材をペイントします。
今回は、外側と、底面の上部のみペイントしています。

3
3 / 18

乾燥させます。目安(夏期1時間、冬期2時間)

4
4 / 18

フレームの裏板を外します。

5
5 / 18

底になる板材の右側(板材の2枚分の厚さ分)をノコギリで切り落とします。

6
6 / 18

天板と側面の板材を金づちで釘を打ちます。(2箇所)

7
7 / 18

反対側も天板と側面の板を金づちで釘を打ちます。(2箇所)

8
8 / 18

裏側のフレームを4箇所釘で止めます。
(板材よりフレームは硬いので、力が入ります。)

9
9 / 18

底板のペイント済みを上にして釘をうちます。背面側

10
10 / 18

蝶番の位置を決めて鉛筆で蝶番の周りをなぞります。

11
11 / 18

鉛筆の枠に切り込みを入れて彫刻刀で蝶番の厚さを削ります。

12
12 / 18

手前は深く彫り終えた所。

13
13 / 18

フレーム側も同様に蝶番の位置を鉛筆で印を付ける。

14
14 / 18

フレームを蝶番の厚さ分だけ彫刻刀で削る。

15
15 / 18

プラスドライバーでねじ止めする。

16
16 / 18

天板側もプラスドライバーでねじ止めする。

17
17 / 18

底板の手前側も釘で止めて完成です。

18
18 / 18

フレームを開けてみた所。

このレシピのコツ

蝶番のつけ方が、慣れるまでややこしいのですが、ねじ留めなので締め方を調整できます。丁度良い位置に締めたり、緩めたりしてみてください。
フレーム思ったより硬いので、手を傷つけないようにしてください。

このレシピの生い立ち

去年の冬、寒すぎて弱った寒がりの植物の為に考案しました。

コメント

材料

材料一覧
ポスター(フレームA3)
ダイソー
2枚
432円
板材(450×200×9mm)
ダイソー
4枚
108円
蝶番(ねじ付き)
コーナン
2セット
PEN CURE(ライトカーキー)
コーナン
1本
598円
ホームセンター
1袋

道具

ノコギリ
ホームセンター
金づち
ミーツ
彫刻刀
画材店