レシピ投稿フォト投稿

フレッシュグリーン☆リース

フレッシュグリーン☆リース

コニファー(庭用の常緑樹)を使ってフレッシュグリーン(生木)のリースを作ります。
初心者には敷居が高そうですが、結束バンドを使うと簡単に作ることができます。木の枝をたくさん用意するのは大変なので、小ぶりで作ってみましょう。

作り方

1
1 / 9

針葉樹(主にコニファー)の枝をA4書類サイズのかごに山盛り集めます。枯れた部分などを取り除き、形の綺麗なものを選ぶと、半分くらいの量になります。写真の分量で、直径20cmのリースができます。今回は灰白色の色がきれいなボールバードというコニファーです。黄緑の鮮やかなゴールドクレストは花材店ですぐ入手できます。

2
2 / 9

刃先のきれいな部分を12cmの長さに切りそろえ、2~3本ずつ細い結束バンドで束ねます。

3
3 / 9

土台の柳のリースに長い結束バンドで取り付けていきます。すぐにバンドで固定せず、緩めに留めてバランスよく配置します。

4
4 / 9

全体が整ったら結束部分を葉の下に隠れる位置にしてから、結束バンドをきっちりと締めて固定します。余分なバンドは切り落とします。

5
5 / 9

枝だけの土台ができました。

6
6 / 9

まずガーランドを巻きつけておきます。

7
7 / 9

リボン、松ぼっくり、赤い実(造花)、ゴールドのピックなどにワイヤーを巻きつけて、デコレーションのパーツを用意します。

8
8 / 9

全体に等間隔でデコレーションパーツを置いていきます。大体の配置を確認後、ワイヤーで留めていきます。ワイヤーは見えないように葉の間に隠します。

9
9 / 9

ワイヤー入りリボンを写真のようにたたみ、リース用のリボンを作ります。同じように細いワイヤーで留め、ふわりと立体的になるようにリボンを整えて完成です。

このレシピのコツ

枝を12cmほどに切りそろえることと、細い結束バンドでその枝を束ねます。土台には長い結束バンドで仮止めしてから全体の形を整えるので、ワイヤーを使うよりも簡単です。

このレシピの生い立ち

秋に剪定する庭の常緑樹(針葉樹)のコニファーで毎年リースを作ります。剪定した枝を切りそろえていくと、リースに使えるきれいな枝は半分ほどの量になります。デコレーションのパーツも大量に必要なので、今年から直径が20cmの小さめのリースにしました。分解も簡単なので,土台のつるリースは毎年再利用できます。

コメント

材料

材料一覧
フレッシュグリーン(針葉樹)
A4サイズのかご一杯
結束バンド 7cm
DAISO
1袋
108円
結束バンド 20cm
DAISO
1袋
108円
星のガーランド
DAISO
1袋
108円
ワイヤー入りリボン
DAISO
1巻
108円
柳のリース(土台)
DAISO
1個
108円
ペップ(ゴールド)
Blooming Factory 楽天市場
594円
赤い実(造花)
DAISO
1袋
108円
松ぼっくり
DAISO
1袋
108円
紙巻アレンジワイヤー
DAISO
1袋
108円

道具

ハサミ
ご自宅にあるもの

レベル

ふつう