レシピ投稿フォト投稿

優しく簡単!キットで作れるアロマな石鹸

優しく簡単!キットで作れるアロマな石鹸

危険な苛性ソーダを使わないレシピです。
材料も計測済み、測りもマスクもゴーグルも手袋も必要ありません。
電子レンジで溶かすから、洗い物も少なくてすみます。

作り方

1
1 / 11

グリセリンソープが溶けやすいように、包丁で1〜2cm角に切ります。

2
2 / 11

左下が元の大きさ。右側が包丁で切ったものです。

3
3 / 11

耐熱容器に入れて、レンジで(500w)で合計で約1分温めて溶かします。
40秒温めてみて、更に20秒づつ様子をみます。

4
4 / 11

まだ、形が残って入れば、更に20秒レンジにかけます。

5
5 / 11

完全に溶けた状態です。

6
6 / 11

ドライハーブ(マリーゴールド適量)をシリコンカップに前もって入れておきます。

7
7 / 11

溶け終わった耐熱容器を1~2分冷まして粗熱を取ってから精油(オレンジスイート)を入れて泡立たないように優しく手早く混ぜて下さい。
固まってしまったらもう一度レンジで溶かして下さい。

8
8 / 11

ドライハーブ(マリーゴールド適量)入りのシリコンカップにグセリンソープを流し込みます。

9
9 / 11

平らな場所に置いて固まるのを待ちます。目安は室温で30〜40分。急ぐ時は冷蔵庫を利用します。

10
10 / 11

材料が大目に入っているので、お弁当用のカップに残りのドライハーブ(マリーゴールド残りがあれば)とグリセリンソープを入れました。

11
11 / 11

固まったら、シリコンカップから取り出して、風通しの良いところで3日ほど乾燥させて出来上がりです。

このレシピのコツ

レンジで溶け具合を注意することです。気温が寒くなると溶けた石鹸が固まり易くなるので、溶けたら手早くシリコンカップに注ぎましょう。シリコンカップは柔らかいので、トレーに乗せておいた方が移動させたりするのに便利です。

ドライハーブをたくさん入れると色が濃く、少なめにすると透明感がでます。

このレシピの生い立ち

愛用していた手作り石鹸のショップがなくなり、手づくりし始めました。

コメント

材料

材料一覧
アロマ石鹸キット
カフェ・ド・サボン
1セット
1200円

道具

耐熱容器(ボール)
セリア
スプーン
カフェ・ド・サボン