秋に大活躍♡ミシン糸で簡単ちびちびタッセル

秋に大活躍♡ミシン糸で簡単ちびちびタッセル

いろんな色を揃えても、最後まで使い切ることはなかなかないミシン糸。ミシンを使ったら、ついでに小さなタッセルも作ってかわいいアクセサリーにしちゃいましょう。この方法なら、細い一本糸を、結んだり切ったりする細かい作業にもイライラしないで済むはずです。

作り方

1

適当な厚紙を用意し、作りたいタッセルの長さ(縦)×5cm(幅)くらいの大きさにカットしてタッセルを巻く台紙にします。普通紙を小さく折り畳んで使ってもOKです。

2

お好きなミシン糸を台紙に巻いていきます。巻く回数でタッセルのボリュームが変わるので、回数はお好みで増減してください。ここでは25回巻いてます。巻き終えたら糸を切ります。

3

同じ色の糸を10cm程度の長さに切り、巻いた糸と台紙の間からくぐらせ、かた結びをします。巻いた糸をぎゅっと束ねる感じです。

4

束ねた糸から台紙を引き抜き、ステップ③の糸の両端を揃えてつぶし玉に通します。

5

そのままつぶし玉を束の方にスライドし、束のてっぺんから3mm下のあたりまで持ってきます。

6

その場所でつぶし玉をペンチでかしめます。これで糸の束がバラバラになりません。

7

適当な紙にタッセルをはさみます。輪っかになっている方を少し出しておきます。

8

挟んだタッセルを芯に紙を少しきつめに1~2回巻きます。

9

はみ出させておいた輪っかの部分をカットして切りそろえます。

10

ちびちびタッセルの完成です。

11

完成したタッセルは、沢山作って束ねてそのままオーナメントにしたり、てっぺんの糸をカットして結び目に丸カンを通し、アクセサリーパーツとして使ってもかわいいです。

12

材料

このレシピのコツ

糸を台紙に巻くとき、沢山巻きすぎるとつぶし玉を通らないことがあります。回数を減らして巻いてみてください。

このレシピの生い立ち

小さなタッセルが欲しいとき、繊維の細いミシン糸と、かしめるだけでしっかり留まるつぶし玉を使えば、細かい作業のイライラが軽減されて便利なことに気がつきました。

コメント

材料

お好きな色のミシン糸
ご家庭にあるもので
適量
つぶし玉(2.5mm~3mm)
パーツショップや手芸量販店(20個で¥100程度)
作りたいタッセルの個数分