自分なりにアレンジ!コットンパールとリボンのシンプルピアス - Creon(クレオン)|DIY・暮らしのレシピが満載!
レシピ投稿フォト投稿

自分なりにアレンジ!コットンパールとリボンのシンプルピアス

自分なりにアレンジ!コットンパールとリボンのシンプルピアス

コットンパールとリボンの簡単なピアス(イヤリング)です。コットンで作られたパールはリボンとの相性も抜群。さらに軽量であるため、大きなサイズのパールをピアスやイヤリングにしても、耳に負担がかからないのでおすすめです。

作り方

1
1 / 13

作業の大まかな流れです。Tピンにコットンパールを通し、そこにリボンを結びつけます。これをピアス(イヤリング)に連結すれば完成です。

2
2 / 13

Tピンにコットンパールを通しておきます。

3
3 / 13

リボンを適当な長さにカットします。今回は16cm×2本使用しています。

4
4 / 13

リボンの両端を折り曲げ、画像のように持ちます。※リボンの動きを見やすくするため、作品に使用したものとは異なったリボンを使用しています。

5
5 / 13

右端を左端の上に重ねます。この時にできる輪に、リボンを結び付ける軸になるものを通しておくと作業がしやすいです。

6
6 / 13

右端を輪に通します。

7
7 / 13

右端と左端をゆるめに引っ張り、リボンを作ります。完全に引き締めないよう注意してください。

8
8 / 13

緩めに結んだリボンです。

9
9 / 13

パールを通したTピンにリボンを通します。その後、形を整えながらリボンを強く引き締めます。

10
10 / 13

Tピンの先端を平ヤットコを使って、8mmほど折り曲げます。

11
11 / 13

折り曲げた先端を丸ヤットコで挟み、そのまま丸ヤットコに巻き付けるように丸めていきます。

12
12 / 13

Tピンを丸め終わったら、輪にピアスもしくはイヤリングを連結します。

13
13 / 13

同じ作業を繰り返し、もう一つピアスを作ったら、完成です。リボンは少しゆるく結うとふわりとした印象になり、おすすめです。

このレシピのコツ

リボンを結ぶときは、作りたいサイズよりも少し長めのものを用意すると結びやすいです。さらに、直接Tピンに結ぶよりも、目打ちや細いペンなどを軸にして、ゆるく結んだあとTピンに移しきつく巻占めると作業がしやすいです。

このレシピの生い立ち

全く同じ材料が手に入らなくても作れるようなアクセサリーがほしいという思いで作りました。もちろん、材料はセリアの商品でも代用可能です。いろいろアレンジして、オリジナルな一点をぜひ作ってみてください。

UV
  • できレポ投稿

コメント

材料

材料一覧
リボン
手芸店
Tピン
手芸店
コットンパール
手芸店
ピアスフック(イヤリング)
手芸店

道具

平ヤットコ
手芸店
丸ヤットコ
手芸店

レベル

かんたん