レシピ投稿フォト投稿

初心者さんでも☆縫わない♪秋色封筒ポーチ

初心者さんでも☆縫わない♪秋色封筒ポーチ

ハンドメイドをやってみたいけど、実は裁縫が苦手…。そんな初心者さんでも、折り紙感覚で楽しめるレシピがありますよ♪折り方を変えれば、自分の好きな大きさで作ることも出来ます。

作り方

1
1 / 20

長方形のランチョンマットから正方形の布を作ります。まず始めに、△を折るように端と端を重ねます。この時、ランチョンマットの裏が見えるように折って下さい。

2
2 / 20

次に、三角の重なった部分より長い方の布を切ります。重なった場所より2㎝前後残し、切り離します。(残した2㎝部分はのりしろ、残りの布は本体の仕切りになります。)

3
3 / 20

裏に返し、のりしろ部分を作ります。2㎝ののりしろを三角の底辺に合わせて折り、折り目をつけておきます。折り目を目安にし、接着剤を付けます。この時、一旦布を開いて正方形の状態でのりしろを貼り付けていくのがおススメです。(布は、接着剤がにじんできます。写真のようにしても出来ますが、下になった布についてしまうので注意。)

4
4 / 20

写真は、三つ折り用にさらに折ったところです。三つ折りにして貼り付けると、よりキレイに仕上がります。

5
5 / 20

写真の左側のように、端から3分の2程度貼り付け、しっかり乾燥させます。
(乾燥したら、また裏面が見えるように写真のように三角に折っておきます。)

6
6 / 20

三角の頂点を写真のように折ります。裏に返し、裏の三角の頂点も同じように折ります。

7
7 / 20

洗濯ばさみなどでおさえ、折った線より2㎝前後のところを切り落とします。裏も同じく切り落とします。

8
8 / 20

両方切り、広げたところです。その後、両方ののりしろ部分を他と同じように接着剤で貼ります。

9
9 / 20

入れ口の処理をします。写真のように折り、しっかり折り目を付けておきます。

10
10 / 20

他と同じく2㎝程度残し、切り落とします。折り目をつけたら、表からのりしろが見えない様に(手順15の写真を参照)裏側にもう一度折り返し、他と同じようにのりしろを貼っておきます。(ここは三つ折りがおススメ♪)貼ったら、乾かしておきます。

11
11 / 20

中仕切りを作ります。先ほど切り離した残りの布を使います。写真のように仕上がり線より2mm程度内側になるよう、片側のみ布を折り調整します。長い方はのりしろの2㎝前後を残し、切った後他と同じように貼り付けます。この時、もともと縫ってあった部分を入れ口(上の部分)とすると、仕上がりがキレイです。

12
12 / 20

仕切りの底になる部分の布の処理をします。(他と同様です。)しっかり乾燥させます。

13
13 / 20

本体の真ん中の折り目を目印に、中の仕切りを接着します。

14
14 / 20

中仕切りは入れ口を除いた三か所、本体は端に接着剤を付けて、貼り合わせます。

15
15 / 20

洗濯ばさみではさみ、しっかり乾燥させます。アイロンをかけると、仕上がりが違います。

16
16 / 20

お好みでボタンを付けます。

17
17 / 20

完成です♪

18
18 / 20

長さがあるのでメイク道具や、布製を活かしたアクセサリー入れ、ちょっとした時のペンケース替わり等、使い方次第でいろいろな用途に使えそうですね♪

19
19 / 20

中に仕切りがあるので、絆創膏等なくしがちな物も整理できます♪

20
20 / 20

こちらはイメージですが、折り目を変えるとこんな風に形を変えることが出来ます。ボタンの裏面にマジックテープを付ければ使い勝手も良くなります。自分仕様に製作できるのが、ハンドメイドの楽しいところですね♪

このレシピのコツ

今回は布に接着剤を付けていきます。布は多めに接着剤を付けると、布からにじみ出す可能性があります。作業を行う時は、作業をする場所や布の他の部分につかないよう十分注意しましょう。

このレシピの生い立ち

裁縫は苦手だけれど、楽しんでみたい。という初心者さんにも気軽に作れるレシピを考えました。慣れてきたら、手縫いやミシンで作ればさらに楽しめます。ハンドメイドを楽しむきっかけになれば嬉しいです♪

コメント

材料

材料一覧
ランチョンマット
セリア
1枚
108円
ボタン(付ける場合。お好みで♪)
家にあるもの(100均で購入可)
1個
糸 (ボタンを付ける場合)
家にあるもの(100均でも購入可)

道具

裁ちばさみ
家にあるもの(100均でも購可)
接着剤(今回はセリアの布用接着剤)
家にあるもの
針(ボタンを付ける場合)
家にあるもの