レシピ投稿

Seriaのパーツのみ!一味違うチェーンタッセルのピアス

Seriaのパーツのみ!一味違うチェーンタッセルのピアス

チェーンを使って人気のモチーフ,タッセルのシンプルなピアスを作りました。布製のタッセルとはまた違った,シャープな印象が特徴です。チェーンをシルバーにしたりガラスパールをコットンパール替えたりと,ちょっとした工夫次第で,簡単に自分だけのタッセルピアスができます。もちろん,パーツを替えればイヤリングにもできます!

作り方

1

作業の大まかな流れです。
チェーンパーツでタッセルのフリンジを作り,パールを通した9ピンでピアスのフックと連結します。ピアス部分はイヤリングにも変更可能です。

2

チェーンのフリンジを作るため,アクセサリ―チェーンの留め具(カニカン&アジャスター)を取り外していきます。チェーンと留め具はCカンで連結されているので,これを外します。Cカンは後で使いますので無くさないようにしてください。

3

タッセルのフリンジを作っていきます。チェーンをニッパーで切断し,2.8cm×8本のチェーンパーツを作製します。スケールを当て,油性ペンでチェーンに印を付けてから切るとぴったり同じ長さに切れますよ。

4

取りおいていたCカンに4本のチェーンを通し,輪を閉じます。これを合計2つ作ります。

5

9ピンにパールを通し,先端を既存の輪とねじれの位置に90度折り曲げます。(ねじれ:道路の立体交差の位置関係です)。約8mm残し,余分はニッパーでカットします。

6

先端を丸ヤットコで挟みます。

7

ヤットコに巻き付けるような感覚で丸めていきます。

8

9ピンの輪それぞれにフリンジとピアスを連結すれば,完成です!

9

~チェーンの見分け方~「今回使用した喜平チェーン」
チェーンの連なった一つ一つの輪が全て同じ面を向いています。

10

~チェーンの見分け方~「あずきチェーン」
チェーンの輪は,折り紙の輪が飾りのように交互に違う面を向いています。

このレシピのコツ

アクセサリーチェーンの中でも「喜平チェーン」を使用するとゴージャスなイメージのタッセルになります。Seria(セリア)では「あずきチェーン」もほぼ同じパッケージで販売されています。こちらを使うとまた違った印象に仕上がります。見分け方は手順の最後に記載してありますのでご覧ください!

このレシピの生い立ち

近くに大きな手芸店の無いハンドメイダーを応援!という意気込みでSeria(100円均一)で購入可能なパーツのみを使用したピアスを作製しました。

UV
UV
  • できレポ投稿

コメント

材料

ビーズパーツ(フックピアス)
Seria
1ペア
100円
アクセサリーチェーン(喜平チェーン・ゴールド)
Seria
1
100円
ガラスパール
Seria
2
100円
9ピン
Seria
2
100円

道具

ニッパー
手芸店
平ヤットコ
手芸店
丸ヤットコ
手芸店