ミニサイズで収納力バツグン! 男前ドレッサー

ALL100均の材料で、仕切りのあるミニサイズのドレッサーを作りました。 ピアスなど、片方を失くしがちな小さいアクセサリーも、1ペアずつ収納できれば迷子にならないのでは‥‥?と考えたのがきっかけです。 鏡が付いていれば、身支度も一度にできて便利! 誰でも簡単に収納上手になれます ♪ 子供用にしても、喜んでもらえそうですよ(^^)b それでは詳細を‥‥

2018/01/23

材料はコチラ

 

主な材料です。
 
<材料>※下記は Seria・ダイソーのもの
●仕切り付き木箱 3つ
●木製フレームミラー 1つ
●すのこ 1つ
●細角棒・蝶番
●開閉フタ付きの木箱(画像はのちほど登場します)1つ
●ステンシルシール・ハトメボタン・ハンドル・合皮ベルト(画像なし)

※下記はホームセンターにて購入可
●ワトコオイル
●水性塗料・黒(100均のでも可)
●ビス適量

 
<道具>
・カッターナイフ・はさみ・やすりなど
・のこぎり
・塗装用の刷毛やウエス
・ドライバー
 

すのこをカットする

まず写真のように、すのこを矢印の位置でカットします。

続いて、それを半分の所(矢印)でカットし、
すのこのカットはこれで終了です。

次に角棒を"すのこの角材と同じ幅"にカットして、
同じ物を4本作ります。

角棒をボンドで固定する

先ほどカットした角棒を、
すのこにボンドで固定していきます。

角棒を固定する時は
角棒と角棒の間のサイズを
"仕切り付き木箱"の高さ+5mm程度にしておくのがコツです。

この角棒は、この"仕切り付き木箱"を
引き出しにするためのストッパーになるからです!

塗装する

カットしたすのこ、仕切り付き木箱、木製フレームミラーを、
ワトコオイルで塗装します。

塗装は今回も"ウエス(布)"を使いました。
素早くサッサッと手を動かして塗ってください。

ワトコオイルは、着色後にニスなどの上塗りが不要なので、
乾燥後に、余分な油分を拭きとれば完了です。

(一度目のオイルは浸透してしまうので、二度塗りがオススメされていますが、
今回は一度塗りで仕上げました。)

乾燥後、木箱やすのこの角を中心に、
やすりで削ってエイジング加工を施します。

正面に"ハトメボタン"と"ビス"で取っ手を付けました。

組み立てる

すのこを縦にして側面に使い、"角棒"と"余った1本のすのこ"を
横に渡して、写真のような枠を組み立てます。

角棒は、すのこの一番下の角材(矢印の位置)に手前からビス留めし、
余った1本のすのこは、高さ1/2程度の位置に背面から固定してあります。

角棒とすのこは、水性塗料の黒で塗って、
アクセントカラーにしてみました。

また側面のすのこには、ハンドル(Seria)を取っ手として取り付け、
持ち運びがし易いようにしました。アクセントにもなりますね。

すのこ枠に木箱を入れる

上で作ったすのこ枠に、仕切り木箱を入れると、
こんな風に引き出しとして使えるようになりました。

ですが、
このままだと、一番上の木箱の中身がむき出しとなってしまい、
収納がスッキリとしませんよね。

そこで‥‥

ミラーをフタにする

フタが欲しいと思って、探した結果
木箱とミラーをつなげてみることにしました。

まず、木製フレームミラーの裏面を水性塗料の黒で塗り、
やすりをかけてみました。

自作ラベルを貼って、写真のようにリメイクします。

それを、仕切り木箱と蝶番でつなげると、
サイズぴったりの"フタ付き木箱"になりました ♪

ミラーと木箱をつなぐ際は、
木箱を開けた時に鏡となるように、向きに気をつけてください。

また木箱と鏡をチェーンなどでつないでいくと
鏡が全開にならず、開けた時にぴったりの角度で止まるようになります(^^)b

アクリル板のフタ付き木箱も

アクリル板の入ったフタ付きの木箱も
使ってみました。

前述と同じように、ワトコオイルを全体に塗り、
やすりをかけてエイジング加工を施してください。

フタのアクリル板は、そのままでは中身が見えてしまうので
中から印刷紙を貼ってリメイクしました。

あえてショーケース風に中身を見せることもできるので
その場合は、印刷紙を貼る必要はありません。

中身を隠したい場合は、好きな印刷紙を貼ってください。

下段の空きスペースに入れて使う

このアクリル板のフタ付き木箱ですが、
実は、欲しい場所にピッタリなんです♪

3段の引き出しの下に、ぽっかりと空いたスペースがあったのですが、
偶然にもこの木箱が「シンデレラフィット」となりました。

こうして、仕切り木箱3つ+フタ付き木箱1つの
計4つの引き出しで、収納たっぷりな仕上がりに ♪

また、最後に合皮ベルトを適当な長さでカットし、
ハトメボタンを使って、持ち手にしてみました。

完成 ♪

以上で、ナチュラルアンティーク~男前風な
ミニドレッサーの完成です ♪

開いた時の様子

ドレッサーとして使うのであれば、
上の3段はピアスや指輪などアクセサリーの収納に
いいのではないでしょうか。

例えばこんな感じに ↑

一番下の段にはシュシュなどを収めてみました。
ジャンル別に仕分けながら、スッキリ片付ける事ができますね。
 

7ac01b8e 3638 4ec2 80f0 2732af6e7a5e

100均素材が、趣のあるアンティーク風なドレッサーに変身しました ♪ 木箱を引き出しとして使えばリメイクが簡単にできますね。
鏡は開閉ができるので、使わない時は閉じておけるし、また鏡は木箱のフタの役目しているのでホコリも被らず一石二鳥 ♪ 
基本の作り方を知っていれば、デザインやアレンジは自由自在です。気になった方は作ってみて下さいね。