100均グッズと鉢ポットで作る! 男前ダストBOX

ホームセンターのガーデニングコーナーで見つけた、"ポリエチレン製の鉢ポット(大)"。こちらをリメイクして、大容量のゴミ箱にリメイクしました。容量もたっぷりあるので、ゴミ箱以外にも色々用途があります。大掛かりな工具は必要としないので、気軽に挑戦してみてください。存在感のあるダストBOXは、男前なインテリアにも好相性ですよ! それでは詳細を‥‥

2018/01/06

主な材料はコチラ ↓

<材料>
●ポリエチレン製鉢ポット×2(ホームセンター)
●プライマー(塗装用下地剤)
●ラッカースプレー黒
●鉢皿(Seria)
●ハンギングポット(Seria)
●キャスター付花台 (Seria)
●push式ライト(Seria)
●リボン・ステンシルシール・ヘアゴム・チェーン・合皮ベルト少々(Seria)
●両面テープ ・ボンド(Seria)
●ラベルシール(この場合は自作ですが、100均のモノでも可)

<道具>
・カッターナイフ・はさみなど
・ドライバー
  

主な材料①ホームセンター


 
ホームセンターのガーデニングコーナーで見つけた
直径30cmほどの、大きな"ポリエチレン製の鉢ポット"。
ポリエチレン製は強度が弱いので、2つを重ねて使いたいと思います。
  

ポットのひとつを分解する


 
ポットを二重に重ねて使う際、
底部に5cmほどの隙間ができてしまいます。

そこで片方のポットにカッターを入れて、上下ふたつに分解し、
分解した方のポットを内側にすると、底部に隙間を作らずに重ねることができました。
カットしたことで、ポットの中で重ならない箇所ができますが、
容量は増える形になりますヽ(^^*)
 

材料②100均


 
続いて100均(Seria)のガーデニングコーナーにあったコチラ。
直径30cmほどの"鉢皿(左)"と"ハンギングポット(右)"
これらをプライマー(下地剤)とラッカースプレーで、黒に色付けしていきます。

色付けする前に、
ハンギングポットは、長く伸びたアーム部分を取り外し‥‥
 

 
はみ出しているパーツを、無くしておきます。
ペンチなどで挟めば、切り落とせますよ。 ↑

フタ作り


  
プッシュ式ライトを、分解した時にできたパーツ(矢印部分)も
白から黒に塗装します。

先ほどのハンギングポットを逆さにして、
共に鉢皿の底にボンドで固定。
これが、ゴミ箱のフタの部分になります。

フタと底


 
完成したフタ(左)と、Seriaのキャスター付きの花台(右)↑
キャスター付きの花台は、元から黒いので加工なしでそのまま使えます。

それぞれのパーツを合わせる


 
フタと本体とキャスター付きの花台を合わせれば、
基本は完成です ↑

花台と本体はボンドで固定し‥‥
 

 
フタと本体の連結には
それぞれに小さな穴を空けて黒のヘアゴムを通し、内側で結んで繋げる事にしました。
ヘアゴムが伸び縮みするので、開閉しやすくなっていますヽ(^^*)

アレンジをプラス


 
布シール(Seria)にステンシルをしたラベルを作り、
ロゴ入りのリボン(Seria)を足元にぐるっとひと巻き。↑
 

 
フタの天井にはステンシルシール(Seria)でデコレーション ↑
  

 
正面に先ほどの布ラベルを貼り、合皮ベルトでハンドルを取り付ければ‥‥

男前ダストBOXの完成


 
男前テイストのダストBOX、完成ですヽ(^^*)
 

 
キャスター付きなので、ハンドルを引けば移動ができます ♪
鉢ポット自体が軽いので、簡単に動かせますよ!

108bc801 6d41 42c4 b6ce 792246794788

ガーデニングで使う"ポリエチレン製の鉢ポット"が、100均アイテムを合わせると、おしゃれなドラム缶風BOXに大変身ヽ(^^*) キャスター付きなので移動も楽チンです。ゴミ箱としてだけでなく、おもちゃを入れたりDIY用道具などを放り込んでもOK。中身を見せずに、スッキリ収納できるのもポイントです♪ よかったら作ってみて下さいね。