失敗いらず!ドライフラワーで流行の「スワッグ」を作ろう!!

最近はカフェや美容院などオシャレな場所に、ドライフラワーの壁飾り「スワッグ」があるところも増えましたよね。 1つあるだけで、とても素敵な空間に早変わりします。 今回は、失敗なしの簡単スワッグの作り方をご紹介いたします。完全なドライフラワーでなくても、徐々に出来上がる過程を楽しむのもオススメです。

2017/08/14

用意するものはこちら

・ドライフラワー
(花が元気なうちに麻紐で縛り、吊しておく。または完成したドライフラワーを用意)
・麻紐
・ペンチ

ドライフラワーから作る場合・・・
花が元気なうちにカットし、陽の当たらない場所で上から吊るしておいてください。季節にもよりますが、約1~2週間ほどで完成します。
まずはかすみ草や千日草、スターチスなど水分が少なく、ドライフラワーにするのが簡単な花から試してみるのがオススメです。

中心になる花材を選んだら…

中心となる花材を左手に持ち、その横に花を束ねていきます。

中心となる花の周りに3、4本おいて丸みを出した後は、次の花材から斜めにさして束ねていきます。

右利きの人の場合は、右上から左下へ斜めにさしていくようなイメージです。
右から左へ1本ずつずらしながらドライフラワーを束ねていきます。
この時しっかり左手で茎を持って、束が崩れないようにしてください。

ある程度まとまった後は、外側の花を全体より少し高さを下げて束ねていきます。
こうすることで、外からの見栄えが良くなります。

外側には葉っぱ系を

花を束ね終わったら、次は外側に葉っぱ系を束ねていきます。ユーカリなどがおすすめ。

これらも全て右から左へ順番に束ねていき、完成したところで麻紐で縛ります。

全体のバランスを整える

全体のバランスを見て、はみ出ているところなどをペンチで切りそろえていきます。
茎は同じ長さにカットしましょう。

完成!

出来上がりました。少し長めの麻紐と結びつけ、吊るしたい場所に吊してみましょう!

小さなスワッグもかわいい

今回は大きめのスワッグを作りましたが、少量でも見栄えは十分。
ミニスワッグをいくつか並べて吊してもかわいいです。

F6502934 f80e 4106 b594 66fe312a0de0

スワッグは、玄関やリビングなど場所を選ばず飾ることができます。小さな子供のいるおうちでも天井から吊り下げれば、危なくないですよね。麻紐をしっかり縛って落ちないようにしてください。
季節によっても変化が楽しめます。お気に入りの花が見つかったら、ぜひチャレンジしてみてください。
見た目は豪華ですが、作ってみると意外と簡単ですよ!