Aa9f58fc 7809 4d8c 96f5 f2b6db7878b9

100均の「水切りカゴ」リメイク! 便利なミニカートに大変身

メインで使うアイテムは、なんとキッチンで使う水切りカゴ! 100均グッズでかっこよくリメイクします ♪  水切りカゴとキッチンペーパーホルダーが、実際に動くミニワゴンに大変身します。 ぬいぐるみを飾ってみたり、キッチンでは野菜ストッカーとして、などいろいろ使えます。 それでは詳細を‥‥

2017/07/13

主な材料と道具類

<主な材料> 画像

  • キッチンペーパーホルダー×2
  • 水切りかご

※上記は100均で購入

画像にはありませんが 以下の材料・道具を使用します ↓
<その他材料>

  • 角材1~2本
  • ベニヤ板
  • 黒アクリル絵の具(ステンシル用に)
  • 布シールシート・合皮シート少々
  • ミニキャスター2個

※上記は100均で購入

  • 単管止め金具
  • 塗料(ターナーアイアンペイント)
  • 水性塗料やオイルステイン
  • ラッカースプレー塗料・黒

※上記はホームセンターで購入

<道具>

  • ドライバー(電動でなくても可)
  • カッターやハサミ
  • ステンシル用に使う筆

ペーパーホルダーを分解

まず、ペーパーホルダ―の一つを分解し、黒い丸い土台をもう一方のホルダーの反対側にドライバーで取り付けます。
すると、画像の様な車輪っぽいモノができあがりました ♪
これを‥‥

カートの後輪として使う

カートの後輪部分として使用したいので、単管止め金具を使って軸を固定します。
後輪が回転可能となるように、金具は後輪軸の太さよりも一回り大きいモノを使用し、回るように余裕を持たせます。
ちなみに‥‥

単管金具がビス留めできるように、内側から角材をあてます。
角材をめがけてビス打ちをすることで、カゴと後輪が固定できる‥‥という仕組みですヽ(^^*)

前輪はキャスターを使う

後輪は、キッチンペーパーホルダーをリメイクして作りましたが
前輪は、セリアのミニキャスターを使い、先ほどと同様に、角材にビス止めをします。
これで、カートが動くようになりました!

車輪を固定すると、もう既にカートの様な格好になりました!
前輪が小さく後輪が大きいので、尻上がりのような形になります。
またカゴの角がコロンと丸いので可愛らしいカートに ♪ これで原型は出来上がりました!
続いて装飾を施していきます。

ハンドルを追加する

キッチンペーパーホルダーの、黒い土台を外した後の余った軸(丸い棒)と、角材を使ってこの様な形に組みます。
矢印の方向に向かってビス留めをすると、頑丈になります。

カートに固定する

後ろになる部分に、ハンドルとして使用できるよう、固定します。
矢印のように上から差し込み、中にある角材に横からビス留めをします。

これでカートが出来上がりました。
ハンドルを取り付けたので、それを押しながら移動が可能に!
塗装しなければ、そのままの白いカート。もちろんこのままでも使えるのですが…

塗装をして男前テイストに

ちょっとオシャレにしてみました。ラッカースプレーなどの塗料で全体を黒く塗り、その上からターナーアイアンペイントを塗りました。
男前なアイアン風のかっこいいカートに変身しましたね♪

背もたれはベニヤ板で

5ミリ厚の「ベニヤ板」をカットして、ハンドルに背もたれをつけます。板を黒にペイントし、ステンシルをした布シールと合皮シールを貼ってみました。
こちらは、ステッカーなどお好みのものを貼ってください。ハンドルもオイルステインを塗布して、ダークな色にしました。
ハンドルと背もたれは、矢印のように後ろ側でビス止めしてください。

前からの姿も男前にリメイク ♪

前面には、ラベルを貼ったりチェーンを引っ掛けています。前から見てもかっこいいカートに仕上げましたヽ(^^*)

完成!

以上で、動くカートの完成です ♪ 元はプラスチック製の水切りかごが、アイアン風の男前なカートになりました。
早速使ってみましょう。娘が使うとこんな感じに。

オモチャとして使用すると、ぬいぐるみ用のベビーカーのようになります。
またキッチンだと、根菜類のストッカーとして使ったりもできます。

根菜類は冷蔵庫に入れない方がイイので、風通しのいいカートに乗せておけば、見せる収納になりますねヽ(^^*)笑

7cc9019b 872c 4abc a2e2 1472f28d1a82

キッチンの水切りカゴとキッチンペーパーホルダーで、男前なカートが¥600ほどで完成します。
デコレーション次第で、ナチュラルにも、ポップにも、シンプルにも…と、インテリアに馴染むように作ることができます。
今回のカートは、実は、娘の「ぬいぐるみのベビーカーが欲しい!」という一言からできたものなんですよ!
実際に動かすこともできるので十分に楽しめるプチプラリメイク、是非お試し下さい ♪