夏にぴったり! ワイヤーでネームアンクレットを作ろう

こんにちは! アクセサリー作家のvaneです。 ブーケや花冠を主に作成していますが、アクセサリーを作る機会も多いので幅広く提案していきたいと思っています。 サンダルを履く機会が多くなり、足元のおしゃれを楽しめる季節になりましたよね。 そこで、自分だけのアクセサリーを作ってみませんか? 今回紹介するワイヤーアートは少し難しく感じるかもしれませんが、ゆっくり作業すれば思ったより簡単です。 市販のパーツとパーツを繋げるだけよりも、格段に差がつきますよ!

2017/05/31

材料と道具はこちら!

  • チェーン 2種類
    • a 目の細かいもの (20cmほど)
    • b 目の大きいもの (5cmほど)
  • ヒキワ ×1
  • 板ダルマ ×1
  • cカン 数量
  • ノンターニッシュワイヤー (0.6mmを推奨。0.7~0.8mmでも可)

※これらのクラフト金具類は、Seriaなど100均の「手作りコーナー」で手に入ります。

道具.…

  • ニッパー
  • 丸ヤットコ(円の部分など)
  • 平ヤットコ(直角に曲げる部分など)

※ヤットコは、なければどちらか片方のみでもOKです。
※ニッパーやヤットコは、100均で販売している、細工用の工具でも代用できます。

ワイヤーで文字部分を作ります

(1)ワイヤーの先から2~3cmの所を左手の指で押さえ、平ヤットコでワイヤーを先端を丸く曲げていきます。輪っかは1周クルッと巻きつけるイメージです。

(2)輪っかに続けて好きな文字を作っていきます。スペルを紙に下書きしておくと作りやすいです。
Rのように、直線と曲線が混じっている場合は直角に曲げる部分は平ヤットコ、円の部分は丸ヤットコなど、組み合わせて使うと便利ですよ!

(3)名前が完成したら、最後の文字はワイヤーを少し長めに残して終わらせます。長めに残した部分を上の方で輪っかを作っていきます((1)の工程と同じです)。文字はこれで完成です!

いよいよ形に!

(4)次に目の荒いチェーン(b)を5cmほど切ります。調整部分として使用するので長さはお好みで構いません。

(5)目の細かい方(a)のチェーンを、自分の足首に合わせて17~20cmほどにカットします。
作った文字をメジャーに合わせてサイズを測り、足首が20cmなら【20cmー文字】にするのがコツです。

(6)2種類のチェーンをcカンでつなぎます。

(7)チェーン(b)の端に板ダルマ、チェーン(a)の端にヒキワをそれぞれcカンでつないでいきます。

(8)ヒキワと板ダルマをつないだら、チェーンの真ん中になる部分をカットし、カットした部分に文字をつないでいきます。画像のようにヒキワが右、板ダルマの位置が左になるようにします。これを反対にするとアンクレットとして足首につけた時に文字が反対になります。

完成です!

お好きなストーンやパールなどをつけても、かわいいですね!

さっそく、つけてみましょう

オリジナルのアンクレットがあると、夏の足元のおしゃれが楽しめますね! 1本のワイヤーがあれば作れるものは無限。好きな言葉や名前など、人とかぶらないデザインが作れてプレゼントにも最適です。ワイヤーの長さを変えれば、ネックレスにも応用ができます。

B4a46284 594f 459c bc7e af6c89fef24d

一番難しいのは文字作りのプロセスです。できれば平ヤットコ、丸ヤットコの両方があると扱いやすいです。できるだけ折り曲げる回数を最小限に抑え、ワイヤーを傷つけない事でキレイに仕上がります。何度もやり直していると細かい傷がたくさん付いてしまうので錆びやすくなってしまうので、気をつけてください!
文字は紙に下書きをしておくと作る際に迷わず、間違えないのでおすすめですよ!
ぜひ試してくださいね!