「定数管理」が鍵! 100均グッズで傘立てをDIY

こんにちは! ライフオーガナイザーのRumiです。梅雨の時期がやってきましたね。雨の日が続くと濡れた傘が何本も玄関先にあったりして、気分もスッキリしないですよね。今回も、生活感が出てしまうモノをオシャレに変身させるシリーズで、梅雨の季節に便利な傘立てを作りました。100均の材料で簡単にできるんですよ! 難しい工程もナシ、工具も必要ナシ、材料さえそろえば誰でもチャレンジできると思います。

2017/06/08

材料はこちら!

・セリア アイアンバー 6本
・セリア すのこ    3枚
・セリア MDF材    1枚
・セリア 木箱     2個
・セリア プレート   1つ
・ビス        24本
・白ペンキ
・針金   2mm程度のもの
・転写シート

道具はこちら!

・木工用ボンド
・接着剤(金属を接着できるもの)
・刷毛
・金づち
・ペンチ
・ドライバー
・アイロン

まずはすのこを分解してつなげます

(1)まずはすのこをバラバラに分解します。金づちで、優しく叩くと外れますよ。時々がっちりとタッカーなどでくっついて外れないものもありますが、そんなときはペンチなどを使って、外してくださいね。短い木材も使います! 捨てないでくださいね。

(2)次にばらばらになったすのこを、ボンドでくっつけます。隙間を開けずに、きっちりくっつけることで、すのこの野暮ったさを消します。全部くっつけてしまわずに、バラしてできた木材12本のうち、10本だけボンドでつなげてください。(残り2本は使いません)

(3)短い木材を、(2)でくっつけたすのこの裏からボンドでつけて、さらにがっちりと固定します。もししっかりとまらない場合はこびょうなどで固定してください。

木箱を分解してつなげます

(4)木箱2つの側面の板を1枚ずつ外します。これもすのこと同じで、金づちで優しく叩いて外します。板を外した断面がガサガサになってしまった場合は、やすりなどでキレイに整えましょう。

(5)(4)で側面を外した木箱2つをボンドでつなげます。

ペイントします

(6)次に、すのこと木箱、MDF材をペイントします。木箱は元の模様が消えるようにしっかりと塗ります。すのこは粗く塗ってもいいですね。今回は真っ白にしましたが、ステインで黒に塗っても素敵だと思います。

組み立てます

(7)組み立てて行きます! すのこの上に、写真のようにアイアンバーを6本きっちり並べて、ドライバーを使ってビスで固定します。

(8)木箱の中に(7)のすのこを入れて固定します。木箱とすのこがくっつく面にボンドをたっぷり塗って、固定します。

(9)木箱のつないだ部分が目立つので、プレートをつけて隠します。100均などにも金属をくっつけられる接着剤があるので、それを使ってくださいね。プレートがカーブしてしまって、浮いたりしている場合が多いので、その場合は接着剤が完全に乾くまで、マスキングテープで押さえるなどして、しっかり固定してください。

アイロン転写をします

(10)MDF材にアイロン転写をして、文字を入れます。アイロン転車の方法は、私の第3回の記事をご確認ください。
ヤケドしないように軍手をしたり、アイロンが汚れないように当て布をしてください。

仕上げ!

(11)最後に、MDF材とアイアンバーをくっつけます。アイアンバーの上にMDF材を置いて、アイアンバーのすぐ横にドライバーで穴を2つ開けます。


(12)針金を通します。ゆるいとMDF材が下に落ちてしまうので、ペンチを使ってきっちりと巻きます。

完成しました!!では早速傘を収納してみましょう。

傘立てで定数管理

傘を5本、入れてみました。アイアンバーの間隔がほどよく、今何本あるのか、だれの傘がないのかなど分かりやすいと思いませんか?

つい隠してしまいたくなる傘立てですが、これなら玄関先に置いていても他のインテリアの邪魔はしないかな?と思います。基本的には乾いた傘を収納する用に作りましたが、もし、濡れた傘も収納する場合は、木箱の中にプラスチックのトレイを入れるなどするといいですね!

4abe8e0f c4ce 4a17 9621 67dba2aafd5b

いかがでしたか?工程数もさほど多くなく、簡単にできたかな?と思います。この傘立ての最大の特徴は定数で管理できるところです。傘って、毎日持ち歩くものではないし、雨がやんだら不要になるもの。子供が学校から持ち帰らないことも多いし、出先で無くしがちですよね。これがあれば、自分の場所を決めておいて、『自分の傘はどこに置いたかな?』と考えることができます。傘の本数を増やしたい場合は、すのことアイアンバーを増やして、木箱のサイズを変えるといいですね! 風水の考えでは、玄関先に濡れた傘を置いたままはよくないそうです。雨が止んだらすぐに傘を天日干しして、収納するといいそうですよ。ジメジメの梅雨を少しでも楽しめたら、と思って作りました。ぜひ作ってみてくださいね! 次回は【ゴミ箱カバー】を作ります。お楽しみに♪