トレンドの部屋に大変身! 「気球プランター」をDIY

観葉植物など、グリーンを主役にした部屋のコーディネートがトレンドですよね。多肉植物やワイヤープランツを吊り下げる「ハンギンググリーン」は、面倒な手間もかからず、部屋をグッと今っぽい雰囲気にしてくれるアイテムのひとつです。100均の材料でも、手軽に作れるプランターをご紹介します。オリジナリティーあふれるデザインの「気球プランター」はいかがですか?

2017/06/16

材料はこちら

  • ダイソー 鳥かごプランター
  • セリア 吊り下げプランター
  • ダイソー ワイヤー
  • ダイソー ミニ多肉植物

個数 各1

道具はこちら

  • 平ヤットコ
  • ニッパー
  • アクリル絵の具 黒

※平ヤットコとニッパーの代用品、アクリル絵の具や筆なども全て100均で購入可能です。

STEP1 材料をカットしましょう

(1)鳥かごプランターの接続部とチェーンを、ニッパーで切断します。カットした部分の破片が飛ぶことがあるので気をつけてください。

(2)吊り下げプランターのフックとチェーンを切り、端から2つチェーンを切り離します。ここは少し力のいる作業です。切りにくいチェーンは、チェーンがくっついている金具の切れ目に沿ってニッパーを入れると切りやすいですよ。

(3)次にプランターの傘(上部)と、カゴ(下部)をつなげる部分を作ります。ワイヤーを、9cmを6本、10cmを1本をカットします。

(4)9cmのワイヤーを両端から1.5cmのところでU字に曲げます。10cmのワイヤーは円形にし、両端をひねって円にします。

STEP2 材料をつなぎ合わせます

(1)吊り下げプランターの上部に、画像のように6本のワイヤーをつなげます。平ヤットコを強く握ってしっかりくっつけ、取れないようにします。

(2)もう一方は円形にしたワイヤーにかけ、同じようにつなげます。こちらは少しテクニックのいる作業です。円が中心に来るように、長さを微調整しながらつなげていきます。ワイヤーが曲がってしまった場合は、平ヤットコで挟んで伸ばすと良いですよ。

(3)3本のチェーンをワイヤーでカゴに接続します。

(4)吊り下げプランターから切り離したチェーンとフックを、気球本体のてっぺんにワイヤーでつなげます。これで組み立て作業は完了です。全体的なバランスを見て、形を整えましょう。

STEP3 色を塗ります

アクリル絵の具を本体に塗ります。多肉植物の鉢にも、同じ色を塗ると統一感が出ますよ。塗装がはがれるのが気になる方は、ラッカースプレーでもOKです。それぞれ乾くまで40分〜1時間程かかります。

STEP4 あとは乗せるだけ

塗装が乾いたら、多肉植物を飾って完成です。

バリエーションで楽しもう

黒ならブルックリン風のインテリアに、白ならフレンチシックなインテリアに似合います。お部屋に合わせて気球の色を変えて楽しみましょう。

柄のかわいいキッチンペーパーとキャンドルを入れると照明になります。優しい光でゆったりとした空間を演出します。アロマキャンドルや芳香剤を入れて吊り下げてもいいですね。

Ff235086 b504 4606 8265 f9cb2b531991

6本のワイヤーの長さを均一にすることが、左右のバランスをとるコツです。少しのゆがみも手作りの良さ。気球にデコレーションをするなどして、オリジナル作品を作って楽しんで下さいね。