232fd669 b900 4d9e 8783 99c57d3a4122

新生活にぴったり♪プリントを整理できるレターラックを作ろう!

こんにちは!ライフオーガナイザーのRumiです。毎日子供たちがプリントを持ち帰ってきます。記入して提出するものから、読んだら捨てていいものまで、たくさんあって大変ですよね。プリント整理って難しい!第2回はそんな悩みを解決するべく、スッキリと片付けられて、出しっぱなしでもオシャレなレターラックをご紹介します。少し難しいところもありますが、100均の材料でできるので、チャレンジしてみてください♪

2017/04/28

材料はこちら!

●セリア 合板45×30㎝ 3枚 324円
●セリア 木製角材2P 4本 216円※下記参照
●セリア インテリアネームプレート黒塗装 4つ 432円
●セリア 三角吊金具6P古色仕上げ 2つ 108円
●ホームセンター こびょう2.5㎝ 22本 76円
※セリア木製角材2Pは2種類あります。今回使用したものはバーコードナンバーが4947879711162のものです。

使う道具はこちら!

●のこぎり
●金槌
●カッター
●ドライバー(+)
●ボンド
●刷毛
●ペンキ(白)

準備が整ったらスタート♪

(1)木製角材2P(1セット)を、のこぎりを使って28.5cmにカットします。もう1セットはカットせずそのまま使います。

(2)合板の上に(1)でカットした角材2本、カットしていない角材2本を置きます。箱を作るイメージで、合板の周りを角材でぐるりと1週させ、こびょうで固定します。角材同士をこびょうで固定して、合板と角材もしっかりと固定します。

(3)箱の形になりました^^

(4)合板1枚を使って、15×30cmの板を作ります。

(5)合板は薄い板なので、カッターでも切ることができます。何度かカッターでなぞったら、少し折り曲げてみてください。(無理矢理折り曲げると、板が割れてしまうので注意してくださいね。)折り曲げた後、線をカッターでなぞるとキレイにカットできると思います。

(6)合板(15×30cm)の板を(3)の箱の上に乗せて、箱のフチをボンドで固定します。

(7)合板の残りを使って、20×28.5cmの板を3枚作ります。

(8)(7)で作った合板のフチの周りに、ぐるっとボンドを1周付けます。

(9)箱の中に(7)でボンドをつけた合板を入れて、上はこびょうで固定。合板は斜めになるように固定します。合板は薄いので、こびょうが打てなければ打たなくても大丈夫です。ボンドでしっかりと留めてくださいね。

この画像で分かるでしょうか?合板は斜めになっています。

(10)残っている合板2枚もボンドを塗って斜めに固定します。こびょうが打てそうであれば、打ってくださいね。
1番上の板は箱の角に合わせて、下は箱の底につけます。2番目の板は箱の角から10cm下あたりに固定して、下は箱の底につける。3番目の板は箱の角から20cm下あたりに固定して、下は箱の底につける、といった具合です。ここが少し難しいかもしれません。頑張ってくださーい!

次はペイントです!

(11)今回は白を選びましたが、お好みの色で塗ってくださいね。
※ボンドを使わずに組み立ててみてサイズが大丈夫であれば、ペイントをした後にボンドとこびょうで固定する方が中までキレイに塗れますよ。

最後の仕上げ♪

(12)背面に三角吊金具を2つつけます。これがあると、紐で吊るすなど、利用の幅がグンと広がりますよ♪完成まであと1歩です!

(13)最後にインテリアネームプレートを真ん中に1つずつボンドで固定します。

(14)ビスを打つための穴が気になる場合は黒で塗りつぶしてくださいね^^

レターラックの完成です

ついに完成です!少し難しいでしょうか?きっと達成感でいっぱいだと思います。お疲れさまでした!

レターラックの楽しみ方

新聞やメモ用紙を入れてみました。例えば、タグに「〇〇くん」・「〇〇ちゃん」・「お稽古」など、分けて入れるようにすると必要なプリントが探しやすくなります。プリントをため込めないようにする為に、スリムな薄型のレターラックにしました。「不要なプリントはすぐに捨てる」習慣がつけばいいなと期待を込めています^^

プリント以外にも、レターセットやラッピング用のギフトバックを収納してもいいですね♪サイズは大きいですが、薄型なのであまり邪魔にならず、どこにでも置くことができます。黒にペイントすれば男前に、ステインを塗ればアンティーク風に。シンプルな作りなのでどんなインテリアにも馴染んでくれますよ。

00922957 5d16 497b 8ad2 83f1a7b3539f

いかがでしたか?合板を斜めに貼るところが少し難しいと思います。成功の秘訣は木材のカットを丁寧にすることです。カッターは力を入れてゆっくりとカットします。のこぎりはあまり力を入れずにゆっくりとカットします。急いでしまうとカット面が斜めになってしまって、木材を合わせたときにズレが生じてしまいます。木材は買ったときにサイズが書いてあっても1.2㎜の誤差はよくあります。なので、サイズを測るとき、カットをするときはじっくり行ってくださいね!でも、あまり神経質にならずに、楽しみながら作ることが1番ですね♪実はこのレターラックは第3回で進化します。ある技を使ってもう少しオリジナル感を出していきますので、お楽しみに!