話題のヘアバトンをハンドメイド!簡単に作れてオシャレ度UPのヘアアクセサリー

差し込むだけで、簡単にオシャレな髪型に仕上がる「ヘアバトン」。 今、人気の高いヘアアクセサリーです。 かんざしのような使い方で、手軽にオシャレな髪型が楽しめるので、注目されています。 今回は、「ヘアバトン」をハンドメイドしたいと思います。 鮮やかなドライフラワーを使用したヘアバトンは、ヘアアレンジのアクセントになりますよ。

2018/08/21

ヘアバトンとは

去年あたりから注目されている「ヘアバトン」。今までになかった、新感覚のヘアアクセサリーです。
使い方は、かんざしのように、差し込むだけの手軽さで人気を集めています。
ヘアバトンは、かんざしと違って、両サイドに飾りモチーフが付いています。今までのヘアアクセサリーにはなかった、斬新でオシャレ度の高いヘアアクセサリーです。

実はこの「ヘアバトン」、ハンドメイドでも簡単に作ることができるんですよ。
今回は、ヘアバトンの作り方をご紹介します。

両サイドのモチーフが変わるだけで、様々なイメージのヘアバトンを作ることができます。
自分だけの、オリジナルのヘアバトンをぜひ作ってみてくださいね。

材料・道具


・ヘアバトン用金具
・お好みのドライフラワー
・UVレジン液
・接着材
・シリコンモールド(※今回は立方体タイプを使用)
・爪楊枝
・UVライト


ヘアバトン用の金具は、ハンドメイド資材のお店などで販売しています。
その他にも、ハットピン金具を、ヘアバトンの金具として使用しているという方もいるようです。
ハットピンの金具は、100円ショップなどでも販売しています。
※ヘアバトン用の金具と強度は異なるので、使用する場合は注意してくださいね。

今回は、ピンクが鮮やかで可愛い千日紅のドライフラワーを使用します。
使用するドライフラワーを変えるだけで、様々な色合いや雰囲気のヘアバトンを作ることができます。

シリコンモールドは、今回は立方体タイプの一番大きなサイズ(約1.2㎝)を使用していきます。
球体のタイプも、接着しやすくオススメです。こちらのシリコンモールドは、あらかじめ穴が空けられるようになっているタイプのものです。
穴あけ作業をしなくでも良いので、とても楽に作ることができます。

作り方

それでは、実際に作っていきましょう。

①ドライフラワーの花びらを一枚ずつに分ける


まず、下準備として、ドライフラワーの花びらを一枚ずつ分けていきます。


花びらを一枚ずつに分けたら、レジンでドライフラワーを閉じ込めていきます。

②ドライフラワーをレジン液に封入していく


レジンは、一気に全て流し込まず、3,4回に分けて固めていきます。

シリコンモールドの1/3程度、レジン液を流し込み、ドライフラワーを入れていきます。

③UVライトで硬化する

UVライトにあてて、硬化していきます。


硬化したら、再度少量のレジン液を流し込み、ドライフラワーを入れていきます。


再び、UVライトで硬化していきます。

②、③の作業を、3回ほど繰り返していきます。

④硬化したレジンパーツを取り出す

しっかりとUVライトにあて、硬化したら、シリコンモールドから取り外していきます。


取り外したパーツにベタつきがないかを確認します。
※ベタつきがある場合は、まだ未硬化の部分があるので、再びUVライトにあてます。

⑤レジンパーツを金具に取り付ける

出来上がったレジンパーツを、接着剤を使って、ヘアバトン金具に取り付けていきます。

取り付け部分に、接着剤を少量だします。

レジンパーツを取り付けていきます。
はじめの数分間は、しっかりと固定して固まり始めるのを待ちます。

今回使用した接着剤は、24時間で完全硬化するタイプのものなので、約1日硬化するのをまちます。

⑥完成


完全に硬化したら完成となります。

レジンの中に、鮮やかな千日紅を閉じ込めた、華やかで可愛らしいヘアバトンの完成です。

パール部分を取り外して使います。

自分だけのオリジナルヘアバトンを

ヘアバトンは、シンプルなヘアアクセサリーですが、両端のモチーフが変わるだけで、イメージがガラリと変わります。
今回ご紹介した、ドライフラワーのヘアバトンは、可愛らしい印象のヘアバトン。
そのほかのモチーフも少しご紹介します。


こちらは、大振りの天然石をモチーフに使ったヘアバトンです。
天然石を使用しているので、色合いも一つ一つ異なり、上品な雰囲気のヘアバトンです。浴衣にも合わせやすいですよ。


こちらは、クリアパーツを使ったヘアバトンです。
パールやゴールドとの相性もよく、大人カジュアルな雰囲気で、よりオシャレ度が増します。

べっ甲カラーのモチーフは、秋冬にも使えそうですね。
今から、秋を先取りしたカラーを取り入れるのもオススメです。

あなたもオリジナルのヘアバトンを作って、ヘアアレンジを楽しんでみてくださいね。

3ebf778e b6e7 4fda 8d5e 19e92bb0739c

いかがでしたか?
今回は、ドライフラワーを使った、夏にもピッタリな鮮やかカラーのヘアバトンの作り方をご紹介しました。
パーツの部分を変化させるだけで、また雰囲気の異なるヘアバトンを作ることができますよ。
秋には、べっ甲や、落ち着いた色合いのヘアバトンも素敵ですよね。
お好みに合わせて、色々なカラーのヘアバトンを作ってみてくださいね。