グミレジンを使ってみよう!光にあたるとキラキラ輝くステンドグラス風ピアス作り

グミのようなさわり心地のレジンをご存知ですか? 今回は、「グミレジン」を使って、ステンドグラスのようなガラスをイメージした爽やかなピアスの作り方をご紹介します。 普通のレジンでは作り出すことができない、グミレジンだからこそ作ることができる、光に当たるととても綺麗なガラスのようなピアスです。

2018/07/19

グミレジンとは

レジンアクセサリーは、ハンドメイドアクセサリーの中でも、人気のアクセサリーですよね。
ドライフラワーやビーズなどを閉じ込めて使ったり、着色して使用したりと様々な使い方があります。

通常のレジンは、硬化すると、硬くて曲がったりはしませんが、グミレジンは、ぷにぷにとしたさわり心地で、まるで本物のグミのようなのです。

今回は、このグミレジンを使ったレジンアクセサリーの作り方をご紹介します。
グミレジンだからこそ作る事ができるアクセサリーです。

材料


まず、今回一番の重要アイテムは、レジン液です。
よく使用されている一般的なレジン液と、グミータイプのレジン液の2種類を使用していきます。

その他の材料・道具
・レジン専用の着色剤
※今回は、太陽の雫を使用しました。
・シリコンモールド(半球タイプ/丸プレート)
・調色パレット
・爪楊枝/竹ひご(調色スティックの代用)
・カットしたクリアファイル
・貼付タイプのピアス/イヤリング金具
※今回は、ピアスを使用します。

・UVライト


今回レジンの着色に使用したのは、レジン専用の着色剤「太陽の雫」です。
レジンへの着色は、様々な方法があり、他にはマニキュアやクレパスで着色する場合もあります。

作り方

①グミレジンを着色する。

調色パレットに、グミレジン液を少量入れます。
今回は、ブルー、グリーン、パープルの3色を作るので、容器を3つ用意します。

それぞれの容器に、着色剤を少しずつ入れて、色を作っていきます。


自分の思っている色を作り出すのは、微妙な調整が必要となりますが、この作業は重要となるので、根気よく頑張りましょう!


まずは、色を完成させます。

②グミレジンを硬化させる。

丸プレートのシリコンモールドに、レジン液を流しいれます。
今回は、ブルー系のピアスにしていくので、まずは、主となるブルーを流します。


そこに、グリーンやパープルのレジン液を少量流しいれ、マーブルにします。


余ったグリーンのレジン液も、別の大きさの型に流しいれます。

UVライトに入れて硬化していきます。

③硬化したグミレジンを細かくカットしていく。

グミレジンが硬化したら、型からはずしていきます。

グミレジンの最大の特徴は、グミのようなプニプにとやわらかい感触になります。
このやわらかさを利用して、今回は、出来上がったグミレジンを細かくハサミでカットしていきます。

※ポイント※
通常の硬いレジンだとハサミでカットすることはできないので、この作業は、グミレジンだからできる最大のポイントになります。


細かくカットしたグミレジンはこんな風になります。
マーブルにしたグミレジンは、グラデーションがかかって神秘的な雰囲気になります。
また、単色で作ったグミレジンも、透き通っていてとても綺麗ですよね。

④通常レジンを硬化させる。


半球モールドと、通常のレジン液を使用します。


約1cmサイズの半球に、レジン液を流しいれます。


UVランプで硬化していきます。

⑤グミレジンをコーティングしていく。


出来上がった半球のレジンを、クリアファイルの上に置き、その上に少量のレジン液をのせていきます。


爪楊枝でレジンを薄くのばしていきます。

その上に、先程カットしたグミレジンを、少しずつのせていきます。


ある程度グミレジンをのせたら、ピンセットなどで形を整えます。
※ポイント※
色のバランスを見ながら、グミレジンで半球レジンが見えなくなるようにコーティングしていきます。

⑥硬化していきます。


グミレジンでコーティングできたら、UVランプで硬化していきます。

硬化したら、一度取り出し、再度少量のレジン液をのせていきます。

爪楊枝やピンセットを使って、まだグミレジンがうまくのっていない部分や、うまく接着していない部分などの調整をしていき、UVライトで硬化していきます。

※ポイント※
カットしたグミレジンを、更に細かくカットしておき、半球レジンに埋め込むようにしていくと、全体的にグミレジンが貼り付き、とても綺麗になります。

⑦バリを取って仕上げる。


カッターやハサミを使って、バリ(余分な透明レジン部分)をカットしていきます。

バリを取り、カットした部分に、再度レジン液をのせて硬化したら、パーツの完成です。

⑧金具を取り付ける


ピアス金具にレジン液をつけて、先程作ったパーツに貼りつけていきます。


UVライトで硬化します。

硬化したら完成です。
涼しげな、ステンドグラスのようなピアスが出来上がりました。
ブルー、グリーン、パープルの3色のグラデーションがとても綺麗です。


耳元につけると、とても華やかで、ファッションのアクセントになること間違いありません。
夏の日差しが当たると、キラキラと輝きます。

1c725f0d fb3c 4e4c 8c0e 219a1efe5a7a

いかがでしたか?
グミレジンは、今回のように細かくカットして使用してみたり、そのままで使用したりと、まだまだたくさんの使い方がありますよ。
ボリューム感のあるステンドガラス風のイヤリングは、耳元を華やかに輝かせ、夏にオススメのピアスです。
レジンの配色を変えると、雰囲気を変えることができるので、ぜひ、お好みのカラーで作ってみてくださいね。